えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 18日

複雑な気持ち

複雑な気持ちというのは私の気持ちではありません。私を迎え入れてくれた友人のことです。快適さを求めない変な日本人の到来ですから理解を超えているのかも知れません。彼女は一生懸命、快適さのためのアドバイスをくれますが、そのほとんどが今回の私の「タイで田舎暮らし」とは反対の方向になります。

「タイ人だってやる」とか言われちゃうし、こちらも説明に窮したりしますね。「いや、だから、フツーのタイ人のような生活をしてみたい・・・」、特にビンボーなタイ人に合わせる気はありませんが、まだ様子が分からないので私の想定は相当ビンボーなようで、彼女には「?」なんじゃないかな。(笑)

彼女は以前一緒に国際機関で働いていたことがあり、その時は私は正職員、彼女は現地スタッフという立場でした。当然ながら昼食などのとき私が馳走することが多かったですね。でも、今日の昼食は彼女がご馳走してくれました。地元というプライドがあるのでしょうね。もちろん、私は素直にご馳走になりましたよ。タイのラーメン(約80円)と豚肉料理とご飯でした。^^

タイ人の彼女、今回の私の計画の趣旨を理解しているはずです。それでも受け入れる側としては精一杯快適な滞在のためのアドバイスをしたいのでしょうね。私がフツーの観光客として訪問したならもっと簡単にいろいろなアドバイスを受け入れることができるのですけどねぇ。(苦笑)

でもね、最終的には一緒の生活をしてみるという経験を通して、いいお付き合いになると思います。いつまでも私が経済的に優位にいるということはあんまり意味がないでしょ。変な外国人が四苦八苦しているという姿もいいんじゃないかな。彼女のお客に対する世話が悪いと周りに思われたらいけないから、そこのところ注意しないといけないかな。こういうのもアジア的な感覚ですね。^^

(地方都市ラノンの様子)
e0031500_2202949.jpg

e0031500_220597.jpg

e0031500_2212230.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-18 00:05 | 日々の雑感 | Comments(10)
Commented by kkagayaki at 2007-05-17 22:12
あははは、思いは通じないってわけですよね。ここでのいろんな生活を通していいお付き合いになるのでしょうね。何かおかしいですが、これからが楽しみです。何事も思い通りには進まないですからね。
Commented by snowberry at 2007-05-17 23:07 x
えるだまさんこんにちは。ようやく落ち着かれたようですね。
やっぱり最初は歯車がかみ合わない事もあるかも知れないけど、徐々にスムーズになっていくといいですね^-^
地方といっても都市と名前がつくだけあって、ラノンはきれいな町ですね。
道路もきちんと舗装されてるし。
今回は、こちらにご滞在ですか?
Commented by mintogreen at 2007-05-17 23:15
えるだまさん、こんばんは。
う~ん、複雑な気持ち、わかります。^^
接待する側としては、心を込めたおもてなしをしたい。
しかし、ただの観光客ではない・・・。
えるだまさん流地元の暮らしをそのままっていうのもね~。
受け入れ側としてはね~。^^
ついつい快適な方向にもっていきたくなる気持ちもわかります。
こういう感覚の問題って、受け入れ側の方がどこまで理解しているかで違ってくると思います。
でも、それを分かっていただくには、そう時間はかからないのでは?
まだ、到着してまもないのですから、まずは、えるだまさんに喜んでいただく方法ばかりを考えてしまうというものです。
徐々に理解していただけることでしょう。^^
えるだまさん、楽しんで~♪^^

Commented by elderman at 2007-05-18 08:42
kkagayakiさん、おはようございます。^^
もともと酔狂な計画ですから、タイ人の友人も完全に理解することは難しいかも知れません。
まだまだおかしなことが続出すると思いますが、ゲーム感覚なので楽しんでいけるでしょう。^^
Commented by elderman at 2007-05-18 08:45
snowberryさん、おはようございます。^^
落ち着くというのはまだですね。まだ仮の姿というか、一時的に現地のホテルに宿泊しています。今日の夜から下宿先に移りますが、当初は友人が一緒にいてくれるので、そこでいろいろなことを教えてもらいます。下宿先はラノンの町から50km離れたところにあるすごい田舎です。
Commented by elderman at 2007-05-18 08:49
mintogreenさん、おはようございます。^^
mintogreenさんはよーく分かるでしょう。お客さまの目的など分かっていてもできるだけ快適に過ごしてもらいたいと考えてしまいますよね。便利さ、快適さというものに全然関心を示さないというお客さんではやりにくい訳です。(苦笑)
私としては、時間はたっぷりあるのですから、不便でもいいし、快適な生活からわざわざ逃げて来たくらいなんだから、熱帯の植物が周りにあるだけで満足です。あ、インターネットもね。^^
Commented by あさや at 2007-05-18 12:11 x
タイって思ったより……
日本に近いですね。懐かしい感じがします。ノスタルジックぅぅ!!
Commented by elderman at 2007-05-18 13:22
あさやさん、そうなんです。^^
日本の40年前をみているような感じがするときがあります。
今回の企画、日本人が得たものと失ったものというのを見極めたいというのがありますから、それでタイを選んだのです。
タイムスリップにはいいところですよ。^^
Commented by 夢小鳥 at 2007-06-13 07:43 x
今朝になって、ここまでやっと読みました。はやる気持ちを抑えて後は仕事から帰ってからまたじっくり読ませていただきます。タイで田舎暮らしって、こういうことだったんですね。うーーん、今日までのところは、全然それらしき緊迫感もまったくなくて余裕しゃくしゃくってかんじですが、デモ今までとはちがう冒険ですね。それなりにいい年齢なのですから、あまり無理はなさいませんように。これからの生活の中で、どんな笑顔のえるだまさんになっていくのか、あるいはこんなもんかと笑顔もすっかり消えて、爺くさいえるだまさんになってしまうのか、イや~楽しみです。
Commented by えるだま at 2007-06-13 08:22 x
夢小鳥さん、おはようございます。^^
ありがとうございます。今は、こんなことをやっています。
私にとっては、ある種のサバイバルゲームですが、いまのところ順調です。
不愉快なことは、犬に追いかけられることくらいですから、無理というようなことはないですよ。
今回の経験を通じて、自分自身がどう変化するのか分かりませんが、貴重な経験であることは間違いないと思っています。
笑顔が消えるなんてことはないでしょ。(笑)


<< エピスシア・クプレアータ(イワ...      熱帯の植物(5) >>