えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 19日

黒の教会(ルーマニア)

ブラショフの町の中にひと際背の高い教会があります。その高さが65mと言います。トランシルヴァニア最大の後期ゴシック教会だそうです。14世紀後半から80年をかけて建造されたそうです。

黒の教会とはちょっと変な名前ですが、これは17世紀にハプスブルク軍の攻撃を受けて黒焦げになったことからというので、多分正式名称は他にあるのでしょう。

私たちは朝食を早々に済ませて朝の散歩を楽しみました。石畳の街路、古い町並み、いかにも東欧の国という感じです。
e0031500_8571319.jpg

e0031500_8575793.jpg

e0031500_8583954.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-19 08:59 | Comments(2)
Commented by 猫姫 at 2005-08-19 17:37 x
こういうところって、地震、ないのかなぁ、、、
Commented by elderman at 2005-08-19 18:19
猫姫さん、どうも。^^
トルコまでは地震があるけど、それから西のヨーロッパの方には地震はないようですね。
あ、今、ダヴィンチ・コード読んでいるけど、地震で刑務所から逃げ出したなんてシーンだ・・・ フランス、スペインの方にはあるのかな。


<< ドラキュラ伝説(ルーマニア)      ルーマニアの花(18)ノイバラ >>