えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 07日

園芸植物(102)ジキタリス

ゴマノハグサ科のジキタリスです。和名では「狐の手袋」というそうです。ヨーロッパからアジア中西部が原産だそうです。
e0031500_4442399.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-07 04:44 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by kkagayaki at 2007-05-07 14:50
バックが絵に描いたような色合いなんですよね。これは、表側だけ見ると見たことあるような。
Commented by ショコポチ at 2007-05-07 15:03 x
ジキタリスというと、なんか毒草?というイメージがありました。よく知らないんですけど。こんな可愛い花なんですね。
スレッドが違いますが、えるだまさんのご出発に、ワクワクするような、淋しいような?気がしてしまいます。でもネットでお会いできるんですもんね。お体だけは、どうぞお気をつけて!
Commented by elderman at 2007-05-07 17:10
kkagayakiさん、こんにちは。^^
バックはただの通路でした。花屋さんで撮影したものです。この時にテッセンを買ったんですけどね。^^
Commented by elderman at 2007-05-07 17:15
ショコポチさん、こんにちは。^^
ジキタリス、写真のものは割り合いきれいですが、私はあまりきれいだと思ったことはないですね。毒草というか、昔から、薬草として強心剤に使われてきているというので役に立つ植物というべきなのでしょう。
タイにいても日本にいてもインターネットでは同じ感じじゃないかな。現地レポートが面白くなるということがあるでしょう。^^


<< タイへ出発間近      園芸植物(101)シラン >>