2007年 05月 02日

レストランえるだまのお客さま3

レストランえるだまへご招待のお客さま第三号は、ゴルフ仲間の方々です。5月5日子供の日、ゴルフ談義で童心にかえるといたしましょう。メニューは第一回のものと同じで、イスラムの香りと地中海の雰囲気を味わっていただくつもりです。タイ料理は、これから本格的に仕入れて来るつもりですからね。^^

ゴルフというスポーツというかゲームですが、実によく人間性を表してくれると思います。ゴルフには失敗がつきものですが、その際の表情でどういう性格の方かみえてしまいます。悔しさをじっと噛み締める人、クラブを叩きつけ悔しがる人、笑って誤魔化すひと、言い訳をする人、面白いものです。(笑)

私?私ですか?私は悔しさを押し殺す方かな、失敗も実力のうちと考えています。反対に上手く行ったときの表現も人それぞれですね。喜びを素直に表す人、まぐれと言って謙虚に振舞う人、自慢する人、こちらもそれぞれです。

自分のプレーを誰かに見ていてもらうと嬉しいもののようで、ファインプレーを思い出し、言ってあげると喜ばれますね。ゴルフというスポーツ、アマチュアでもプロみたいなプレーがたまにできますから、それが病みつきになる理由なのでしょう。いつもできるかどうか、というのがプロとアマチュアの境目だと思いますけどね。(笑)

レストランえるだまの今回ゲストのお二人は、会社役員で海外を飛び回っている人、そしてリタイヤして悠々自適でゴルフを楽しまれている方です。会社役員の方は、海外出張で忙しいのにもかかわらずゴルフ・フェチです。帰国の前にゴルフの予約を入れてあり、お誘いを受けてしまいます。

ゴルフのプレー回数の問題で、私が海外にいるときには相手にもしなかった会社役員さんですが、私が帰国してゴルフの回数が減ると、逆に彼の方が上手に思えました。好きこそものの上手なれ、ということでしょうか。そこに負けず嫌いという性格があるとどんどん深みにはまりますが、残念ながら今の私の興味は他に向いているようで・・・(苦笑)
e0031500_12473750.gif

[PR]

by elderman | 2007-05-02 12:47 | 日々の雑感


<< 園芸植物(98)ミニヒマワリ      出番待ち、準備中 >>