えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 18日

シナイア僧院(ルーマニア)

シナイアはカルパチアの真珠と呼ばれているそうです。カルパチアはルーマニアの中央を走る山脈のことで、緑に囲まれた美しい町だということです。週末だったのでルーマニア人の観光客なのでしょう、家族連れが大勢いました。

17世紀に建立された僧院で、このシナイア僧院という名前からシナイアという町の名前になったそうです。そしてそのシナイアという名前は聖地のあるシナイ半島に因んでいるそうです。案内の運転手は英語は話せても、観光地の案内まではできないので、私たちは意味もよく分からず、建物が美しいものを写真に収めただけでした。

トランシルヴァニアは、ドラキュラ伝説以外はもっぱら教会、お城の観光ということになるのですが、2,3か所を観光すると食傷気味になります。運転手が言っていましたが、「どうして日本人は教会に興味があるの?」ですって。もちろん私は答えました、「私は興味ないですよ、2か所も見れば十分です」と。

猫に小判なのでしょうか、感受性がないのかな、ともあれ私には教会もお城もそれほど面白いものには思えないのです。同じようなものをいくつも見て面白いのかなぁ・・・ 私の関心はむしろトランシルヴァニアに咲いている草花の方にありました。^^
e0031500_73015.jpg

e0031500_7304227.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-18 07:30 | Comments(0)


<< ルーマニアに関するクイズ      ルーマニアの花(15)ノハラフウロ >>