えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 12日

滅私奉公

「滅私奉公」、今回は言葉シリーズではありません。意味は読んだとおりですから、分かりやすいですね。現在、この言葉が死語になっているかどうかは分かりませんが、それでも日本人の心の中にある「美徳」なのかも知れません。もちろん、私は美徳だなんて思ってはいませんけどね。

今朝、TVを見ていたら、ドイツで開催されるG7の事前会議だと思いますが、担当相が家族との休暇を楽しむために欠席とあり、代わりに副大臣が出席すると報道されていました。そのことについて、有名な○の○んた氏が「けしからん」と興奮気味に言っていたいました。

私は日本国内では、10人中9人までが同じ意見を言うかも知れないなぁと感じたのですが、日本人向けの放送ですから、まぁ、いいのかなぁと思いましたが、ドイツ人はちょっと違うんじゃないかなぁとも思いました。10人中5人くらいは、「けしからん」ではなくて「しょうがないんじゃない」という反応じゃないかと思ったからです。

滅私奉公というのは、すごい言葉だと思いますね。私情を抑えて、公に奉るというのですから、大変なものです。本当にこんなことを求められ、実行するなら、家庭崩壊が起きてもしょうがないんじゃないかなぁ。日本の伝統的な価値観では、それを防ぐ役割を家にいる奥様が負っているということなのでしょう。

日本人の場合、ある仕事を頑張ってもできないとき、働く時間を延長してまで一層の踏ん張りをみせますね。それが一生懸命仕事に取り組んでいると好意的に受け止められます。そして、他の人が頑張っているなら自分もそれだけ頑張らないといけないということになりますね。

旧社会主義の一部の国を除いて、どこの国の人だって一生懸命働くものです。ただ自分の時間をどのくらい大切にするか、家族と一緒にいる時間をどれだけ重要に思うか、そこが違うんじゃないかと思います。東アジアの国を除いて、一般的には勤務時間が終われば、さっさと帰宅するものです。平日でも勤務時間が終われば、映画を観たり、パーティをやったり、会食を楽しんだりできます。サマータイムの導入は、こういう楽しみを助長してくれます。

遅くまで働いて、家でも家事や育児で追い回され、疲れて寝るだけ、週末はぐったりして午前中は疲労回復のために寝ているというパターンは結構一般的じゃないでしょうか。ゴルフやサーフィンで早朝から遊びに出掛けるという人もいますが、大変な体力ですね。勤務時間中に息抜きが可能でないとできないんじゃないかと勘繰ってしまいます。

自分の時間を大切にする、楽しむために生きているという価値観を強く持っているのがラテン人ですが、フランス人もラテン人です。そのフランスで、少子化にストップがかかり現在注目を集めていますね。子供を持つということに対して、徹底的に国や社会が援助しないと忙しい現代社会では少子化は避けられないと思います。

何を大事にするか、こういう点を日本も学んでほしいと思います。昨今の人材を大事にしない、即戦力、成果主義という厳しい社会情勢の中、根本的な見直しが必要なのではないでしょうか。そして、そもそも人生や生き方への価値観を考え直してもいいと思います。

人があっての社会であり国です。その人が健全な生活を営めないとしたら、経済大国もまったく意味がないのではないでしょうか。外国の視点で見れば、いい車に乗って小さな家に住んでいるというふうにしか見えないと思いますけど・・・

(冬のシャンゼリゼ・・・明るいうちに帰宅したいものですね)
e0031500_10452572.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-12 10:35 | えるだまの観察 | Comments(7)
Commented by あさや at 2007-04-12 16:26 x
えるだまさん、こんつー!

人生を楽しむために生きるっていいですネ。
わたしもそうありたいと強く願うデス。あんまり働きたくない人なので(本音ww)

それから昨日は、なんだかご心配かけました。
なんともはやデス……これからも、なんとも危ういわたしですが、よろすくです!
Commented by doteru at 2007-04-12 16:58 x
eldermanさん、こんにちは。^^
滅私奉公、、「あの人は働くのが好きだから。」と勝手な理由も時々あり。
この場合はお断り。断われず裏で何か言っても解決しない。美徳と言われてましたが、、これは甘えの構造につながる面もあるのでは?
 はい、担当相が休暇、、、、、その代わり副大臣が出席。意思疎通があり副大臣に任せても大丈夫と思うから。もし担当相が「牛耳る」タイプの人だったら自分の地位を心配して休暇をとらないと思います。
子供が時々おもしろい質問をします。「どうして日本人はいつも忙しそうに歩いてるの?」、、(日本人は働き者の人を偉いと思うからかな?何に対して働くかも分からないでただいつもイソガシそうな人確かにいるね。)私の答えに対して子供は「ママ!忙しいとは心を亡くすと書くんだよ!!」と。(ハイ、確かに)と私。
私もそう思います。家庭という小さな社会が集まり大きな社会、国になりそれが大きくなり世界。自分だけが幸いでも本当の幸いはないと信じてます。周りの人びとも一緒に幸いにならないと。戦争がなくならない理由も、、、簡単ですね、きっと。
Commented by doteru at 2007-04-12 18:01 x
あさやさん、こんにちは!!^^
あのね、”きのこやま”に行ってきました。おしゃべりするには手続きがあり、すぐ、おしゃべりができませんでした。息子に助けてもらい手続きが終わったら時々おしゃべりに伺いたいのでどうぞ宜しくお願いします。
こないだ「物は試しだ!」とこのPCでひとりで練習したのです。が、結果は「ママ、、お願いですから、息子に余計な仕事を増やさないで下さい。
時間を作り一緒にいる時試して覚えて下さい。」と言われてしまい、、、
「へっぽこ丸」でいいですよ。続けていればいつか膨らむもの!!
私は「でこぼこ丸」です。続けていればいつか平らになるもの!!
楽しい訪問でした。兎に角これを伝えたく、もう、おしゃべり開始!!
eldermanさんに””はじまったぁ~””と笑われるの覚悟で!!^^
Commented by elderman at 2007-04-12 18:19
あさやさん、こんにちは。^^
働かなければ生きていけない、どうせ働くなら面白く遣り甲斐を追求するというのはいいことでしょう。ひたすらさぼりたいというのでは感心できませんけどね。要するにメリハリかな、働くときは一生懸命、そして自分の時間も大切にする、家族も友人も大切にする、そんな感じかな。
Commented by elderman at 2007-04-12 18:21
doteruさん、そうですね。
日本人は挨拶でも、忙しいということはいいことだと受け止めています。
ラテン人たちには、気の毒にと思われるのですけどね。
Commented by ショコポチ at 2007-04-13 00:29 x
えるだまさん、こんばんは。
ちょうどタイムリーというか何というか…私はこの秋から専業主婦になることに決めました。夫の仕事が変わって拘束時間が異常に長くなるので、私が仕事を辞めないと子供が家で夜も一人、みたいな状況になっちゃうからです。
だいたい日本は就業時間が長すぎますよね。平日は家族と過ごす時間なんてない。だから、たとえば子供が小さいうちは、誰かが専業主婦(夫)をやらないといけないわけです。私は独身の頃から、用もないのに会社にいるのは嫌だったので早く帰りたかったんですが、そうすると「和を乱す」と思われるような空気がどの会社にもありました。まあ、業界によって違うのかもしれませんが。マスコミって、意外に体育会系なんです。
仕事が生きがいという人はそれはそれで構いませんが、「家族のために生きている」、あるいは「楽しむために生きている」っていう選択肢も許される社会であってほしいですね。
日本人は、そういう「不揃い」が歴史的に嫌いみたいですけど。違う価値観を持つ人間を本能的に恐れますね。
何を懼れているのでしょうね。
Commented by elderman at 2007-04-13 06:04
ショコポチさん、おはようございます。^^
そうでしたか、それも一つの選択でしょうね。せっかくの才能ですから、違った形で開花させてくださいな。エッセイストかな、小説家かな。^^
資源のない国日本ですから、その分働かないといけないということは言えるのでしょうが、追いつけ追い越せはもう済んでいるし、ペースを落としていいと思うのですが、はずみ車のように勢いが止まらないようです。(苦笑)
みんな早く帰宅したいに決まっていますよね。それができないのが、これまでの価値観のせいじゃないかな。遮二無二働いてきた昭和一桁、団塊の世代、引退してもらうのもいいかも知れません。
働き過ぎにも限度というものがあるでしょう。家庭崩壊、少子化、いろいろな問題の背景になっているはずです。もっと問題が顕在化しないと何も変わらないのかなぁ・・・怖い世の中になって行っていますけどねぇ。
不揃いが嫌いな日本人ですが、逆に意見がすぐまとまる日本人ですから、行き過ぎればみんなで反省の大合唱ってことになるかも知れません。日本人の賢さに期待しましょう。


<< 園芸植物(82)クレマチス・モンタナ      園芸植物(81)ハナツルクサ >>