えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 11日

言葉シリーズ(19)牛耳る

なんとなく意味が分かっているけど語源を知らないで使っている言葉って結構ありますねぇ。「牛耳る」というのもその一つでしょうか。広辞苑では、「首領となって、ある人または組織を意のままに操縦する。」と説明されています。

ところが、どうして「牛耳る」って牛の耳なのでしょうねぇ。語源を調べると、「牛耳をとる」というものから転じたようです。中国の戦国時代、諸侯が盟約する時、盟主が牛の耳を裂いてその血をすすって誓いを立てたという故事から出たものといいます。(出典:語源の楽しみ、岩淵悦太郎著)

ですから、「牛耳をとる」というのは同盟の盟首となること、党派などの首領となることを意味していた訳です。それが転じて、言葉の響きが悪いせいか、もっぱら悪い意味で「牛耳る」が使われるようになったようです。
e0031500_14253058.gif

[PR]

by elderman | 2007-04-11 14:25 | えるだまの観察 | Comments(25)
Commented by doteru at 2007-04-11 19:05 x
やれやれ又もや人間は動物に迷惑をかけているのですね。
必死の覚悟の誓いの為に自分の血がお役に立つなら痛い思いをしても救われる部分がある時もあるけど、、、
「人間耳る」なんて言葉がうまれるわけないですね。自分が痛い目にあわなければいい、、と思っている人が多い現代では・・でも自分の勝ちは欲しい。
牛の体は大きいけど目はとても可愛いです。私達はここの近くで絞りたての牛乳を10年以上買いに行ってました。その時いつも牛達に合ってました。とても残念ですけど先月3月に牛達とメーカーに牛乳を引き渡す権利が他の方に譲られ牛達は引越し、、今月から絞りたての牛乳は買えなくなりました。来月から牛舎はソーラーシステムを普及する事務所になります。
Commented by kkagayaki at 2007-04-11 19:44
動物にはいろんな意味でお世話になっています。でも、悪い言葉の例えに使われることも多いですよね。猫とか、豚とかも。汚いのは人間が一番だと思いませんか?それを動物にせいにしてますよね。
Commented by Mook at 2007-04-11 20:01 x
うむ、確かに卑怯で汚いのは人間かも知れませんですネ
Commented by elderman at 2007-04-11 20:33
doteruさん、こんにちは。^^
「人間耳る」・・・ひとじるですか。青汁みたいですね。(笑)
牛の耳を裂いて生き血をすするという習慣はピンときませんが、北方民族の風習なのでしょうか。牛には迷惑な話でしょうが、それなりの理由があったのでしょうねぇ。
牛の眼をみたら、しばらくは牛肉を食べられなくなりそうです。大きな目で可愛いですよね。鯨の目はどうなんだろう・・・生きたまま見たことがないけど・・・
Commented by elderman at 2007-04-11 20:34
kkagayakiさん、そうですね。
人間の目からみた比喩が多いから、動物には罪はないのですけど、気の毒なものです。見る人間が汚いから、そうやって罪を着せるのでしょうか。犬は犬なり、豚は豚なりに生きているというだけなのにねぇ・・・
Commented by elderman at 2007-04-11 20:36
Mookさん、こんばんは・^^
卑怯というか、汚いというか、ともあれ一番強い動物なのでしょう。この先なにをしでかすか分からないという不安がありますね。
Commented by あさや at 2007-04-11 20:45 x
こんつーw、語源って面白いですね。

ところで、|*゚ノロ゚)ヒソヒソ...
ガッツポーズの語源知ってます?ガッツ石松さんが由来らしいですよ。
ウソのような本当の話デス。ラジオでやってました。……牛耳る。中国の故事からきたんでね。勉強になりました。

ところで、わたしは臭くないですヨ。なにせ真空パックされていて、腐りませんから。かほりも外に出ないですしね(笑)
Commented by elderman at 2007-04-11 20:55
あさやさん、こんばんは。^^
ガッツ石松さんのポーズ(1974年)でガッツポーズという言葉が一躍脚光を浴びたようですが、実は1972年にボウリングの雑誌で使われていたそうです。ストライク!・・・で、ガッツポーズだそうな。

なに!あさやさんのウ○コは臭くないんですか。(笑)
Commented by Mook at 2007-04-11 20:58 x
たまたま、ハッピィフィートと言う映画を見た直後だったのですよ

人間が魚を乱獲してペンギン達が困り
勇気あるペンギンが訴えに行くのですが
捕まって、水族館へ行き
(省略)
でも、その結果保護地区となり、めでたしめでたし ^^
Commented by あさや at 2007-04-11 21:09 x
(ノシ´▽`)ノシギャハッハッ!!

わたしのうんこは臭いですぜぇ~!!そりゃもう強烈に。ww
それどころか……くんくん?くんくん?

(TДT)ノシ
体がう○こ臭ぇ~!!
やっぱり、真空パックから出ることはできませんな。
だって、わたしてば体全体からすでにう○こ臭いんだもの(笑)
汚い話、ごめんなさいデス。。。

というか、ガッツポーズって……
Σ( ̄口 ̄!!! ラジオに騙された!!!ww
Commented by doteru at 2007-04-11 21:54 x
eldermanさん、こんばんは。そうなんですよね。それなりに理由があったのだからその理由を引き継いでいかないと動植物に悪いです。人間は言葉という武器をもっている。この言葉もいい方向に使いたいものです。私も小さい時祖父母の所で鶏を飼っていて、、鶏が食べれなくなりそうになりました。その時「頂きます、と感謝して残さず綺麗に食べOちゃんが元気にいい人に育ってくれれば鶏も嬉しい。鶏だけでない野菜も、、
周りまわって生かされてるのだから物も大切にしなければ、、」と言ってくれました。今あの時の会話をお陰様で思いだしました。
あさやさんも楽しい方ですね、お陰様で私も注意しなくてはいけない事に気付きました。「おしゃべりでうるさいから!」と真空パックにされないように心します!!^^  ハイ^^  守れるかなぁ・・・
Commented by あさや at 2007-04-11 23:44 x
……調子に乗りすぎました。
みんな真面目な話してるのに空気読めませんでした。
すみません。
Commented by doteru at 2007-04-12 00:21 x
あさやさん、ごめんなさい。なんか誤解させてしまったみたい。
私飲めないくせに一番お酒に酔って楽しくしゃべりだすと飲みによく誘われたのです。・・その時【私を静かにさせるには美味しいお料理を注文して
静かに食べさせる。】と暗黙の了解で決まっていたそうです。ここで色々な方と会話させて頂いてると色々なことも思いだして、、今なら【真空パックにするぞ!】といわれるなと想像して笑いながらコメントしてました。
もし私のコメントで”すみません。”なんて気持ちにさせたらこちらこそ”ごめんなさい。”これからもどうぞ宜しく、ここでお会いできるの楽しみにしています。  doteru
Commented by elderman at 2007-04-12 00:40
Mookさん、そういうことでしたか。(笑)
Commented by あさや at 2007-04-12 00:42 x
安心しました♪
doteruさん、こちらこそ気を使わせてしまって申し訳ないです。。。
せっかくdoteruさんがわたしのことを面白いといってくれたのに、いらないところで勘ぐってしまって、ごめんなさいデス(汗)
こちらこそ、よろしくお願いします!
Commented by elderman at 2007-04-12 00:43
あさやさん、あっはっは、ま、気にしないでくださいな。(笑)
私は真空パックが嫌なので、アルコール漬けにしています。脳みそまでアルコール漬けね。腐らないだろう。(笑)
Commented by elderman at 2007-04-12 00:55
doteruさん、こんばんは。^^
動植物は古くから身近な存在ですからいろいろ利用され、比喩にも使われたりしていますね。人間からそう見えるからと言っても動物がどう考えているかなんて分かりませんけど・・・ 犬みたいに尻尾を振れば分かるけどなぁ。(笑)
あさやさんは小説家を目指す本格的な文章家です。多くの短編小説を書かれていてとても面白いですよ。
Commented by elderman at 2007-04-12 00:57
あさやさん、真面目だけじゃないですよ。(笑)
コメントもレスもいろいろあっていいんじゃないですか。みんなで楽しめるといいですね。^^
Commented by doteru at 2007-04-12 03:37 x
アァ良かった。あさやさんがここに戻って来られていた事を知れて。
ここに登場される方皆さん謙虚で、、、会話の途中で色々な事が自然にしれてとても楽しいけど、もっと具体的に知りたいなぁと思うのも事実です。あさやさんの短編小説にはどうすればめぐり合えるのですか?とても知りたいです。
それと私色々な事を知らないのです。以前日本から環境問題に真剣な方々20名弱のグループが我が家に来ました。ドイツの家庭で実際にどのようにしてるか、ゴミ処理場、空き瓶や古着などのコンテーナーもあちこち見て頂きました。所謂著名人と言う方々のグループでしたが、皆さんやはり謙虚で素敵な方々。中の一人の男性と目があい微笑みあい、ここで止めとけばいいのに私その方に「どこのパーティでお会いしましたっけ?」と聞いてしまったのです。その方すごく素敵な笑顔で「多分テレビでお会いして下さったのでしょう。」とそれでも私は??その方は有名なアナウンサーでした。しかも亡父が好きだった方。その後日本で偶然、赤坂見附でお会いして【あの時は有難うございました。】と声をかけて下さいました。周りを歩いてた人びとはその風景をみて立ち止まり、改めて彼が有名人と悟った訳です。
Commented by doteru at 2007-04-12 04:51 x
eldermanさん、おはようございます。
ひとつ質問があったのです。上記で環境問題に触れたのでいい機会なので此処で質問。ドイツに3回ほど来られた時「Baggersee」・・すみません。日本語で一言でどのように言えばよいか分かりません・・を御覧になりましたか?工事の時の土砂を掘り出した後を利用しての人工の湖です。我が家の近くに4つあるのです。上記グループも案内させて頂きました。(日本の場合は山を削る。?) 一つは水泳場、ヨット専用、野鳥や動物の為、最後のは人の出入り禁止。まとめて大きく掘るといずれ地盤沈下し易くなるのではとの配慮からこんな小さな地区でも4箇所に分けて必要な土砂を掘り出した訳です。ドイツにいらっしゃる機会がある時には是非御一報ください。お役に立てる事があれば嬉しいです。
Commented by elderman at 2007-04-12 09:59
doteruさん、おはようございます。^^
あさやさんの短編小説がアップされているブログは、私のリンクにある「きのこのさと」というところです。メインのブログは他にあるようですが、私はもっぱらこちらで拝見させていただいています。
ドイツの「Baggersee」についてはまったく知識がありません。ドイツは割合平坦なので土砂は掘るのでしょうね。日本は山が多いので削ることになります。埋め立ても山砂を用います。跡地利用では環境に配慮するという努力は行われていますが、大きな埋め立てで山が消えてしまうというのは驚きです。
Commented by doteru at 2007-04-12 15:38 x
神戸に住む友人は30年位前から六甲山の切り崩しに反対、琵琶湖の汚染にも危機感を感じ合成洗剤使用反対。(彼女は学生時代フランスで過ごした体験あり)阪神大震災の年の夏会いに行きました。もし山きり崩しが無かったら、あの山々の途中の家はあそこまで被害を浮けなかったのではないか?とか、、経済効果を追い自然を破壊し復興費に巨額をかけその上多くの人びとが精神的にも苦しむ;滑稽ですよね。
こんな事もあり環境問題の視察にドイツにいらっしゃる方々に「Baggersee」も見て頂き「山が消えたあと地面は土のままで、そこに木を植え自然を守るように、、」と意見を言わせて頂きました。日本でこのように土砂を掘らないから適切な訳が今もないのですね、きっと。学会に数多く出席してる学者の方々に「このような視察は今からすぐ実行できる。」と言って頂き家族4人とも嬉しい日でした。皆さんの熱意が伝わり「もし宜しかったらこの家の建坪で光熱費&水道費が家計費を占める割合を教えて頂けますか?」と。はい、オープンに家計簿を殆ど公開。又ある年いきなり高額になり数年後にそれ以前より安くなった理由も質問あり。設備投資が終わり効率上がり値下げ。簡単です。^^ 



Commented by doteru at 2007-04-12 17:30 x
ーー追記ーー
設備投資ーーー>新興住宅街ように新しい下水管を作りました。
            その時古い下水管も早めに修理。
効率よく下水を処理できるようになり料金が値下がりました。
個々の家で合成洗剤を使わないようにする。私はリサイクルに出しても
むしろ高くつくのでは?と思う古着など小さく切り袋に入れて流しの下に
置いてます。皿やフライパンについてる油をそれで拭いてから洗います。
Commented by elderman at 2007-04-12 18:15
doteruさん、大変失礼ですが、
これはもうコメントの領域を超えていますね。持論の展開はそれなりの場でなされるというのはいかがでしょうか。
Commented by doteru at 2007-04-12 19:23 x
eldermanさん、はい。了解!!


<< 園芸植物(81)ハナツルクサ      園芸植物(80)マツバギク >>