えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 05日

幸せを実感したくて

帰国している現在、私が不幸だというつもりはありません。ちょっとお金を出せば何でもある日本、こんなに快適な国は世界中でも少ないことと思います。私は、アジアの西の端の方にあるイランという国から極東にある日本に帰国したのですから、これほど幸せなことはないでしょう。

ところが、人間というのは贅沢にできているようで、それが日常になるとすべてが当たり前という感覚になってしまうようです。帰国してから専業主夫をやってますが、明日の食事何を用意しようかと考えるとき、何々は飽きたから別なものという発想になってしまいます。まさに飽食の時代と言えるでしょう。

映画スターなどのセレブな生活に憧れる人があるかも知れませんが、私は同じことだと思っています。毎日贅沢な食事をしていれば、それは日常になり、より刺激を求めるようになるでしょう。入手が一層難しい食べ物、希少で高価な食べ物を求めるようになるのかも知れません。

一方、セレブとは正反対な生活をしている発展途上国の子供たち、どうしてそんなに幸せなのかと思われるほどの笑顔を見せてくれます。実際、私の年齢以上の方々は戦後の日本を知っているでしょうから、食べたいものを食べることができたときの喜びを忘れることはできないのではないでしょうか。

私の今回のちょっとバカげた「タイで田舎暮らし」という計画の一つの動機に「幸せを実感したくて」ということがあるような気がします。もっと厳密に言えば「幸せを改めて実感したくて」なのかも知れません。改めて幸せを感じるためにわざわざ不自由な生活を自分に強いるのですから、バカげていると言えると思います。もちろん、本当の苦労とは言えないでしょう。

美味しい食べ物、タバコ、アルコール類、それらを我慢する生活をやや長期間続けると、現地での美味しいものを知り、ささやかな幸せを実感できるかも知れません。そして、我慢の果てにありつく日本食、好みのタバコ、高級なアルコール類など、きっと大きな幸せを改めて実感させてくれることでしょう。まさにこの幸せを味わうことが今回の目的なのかも知れません。

「足るを知る」という言葉は好きですが、単に自分に言い聞かせるだけでなく、実感としてそれを味わいたいという気持ちがあります。贅沢な暮らしをしているにも拘わらず、苦虫を潰したような表情をしているのではいけません。今の日本ってそんな感じではありませんか。だから、私は「タイで田舎暮らし」という計画を実行しようとしているのかも・・・。
e0031500_12515273.gif

[PR]

by elderman | 2007-04-05 12:49 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by よしこ at 2007-04-05 13:53 x
タイへ出かけるまでに今現在のえるさんの有り余り、あふれてこぼれる
ほどの幸せをうんと再確認して実感してくださいね。
並べてみましょうか?

健康な身体。
優れた容姿(身長やルックスを含む。ただし、体重に関しては本人の
努力もかなりあることを認める)
優れた才能(企画力、実行力を含む。 しかもかなり広範囲・・・あきれる
ほどにネ)
やりたいことをさせてくれるすばらしい妻。
父親がかなり不在でも心身ともに健やかに育った二人の息子。
(父親のいい所も悪い所もちゃんと認めつつ尊敬と愛情をもって程よい
距離を保って接しているらしいのがすばらしいですよね)。
家族全員の健康。
個性豊かな才能ある友人たち(私を含む、エヘヘ)
買いたい物をすぐに買えるうらやましい経済力(ゲゲッ!実感がこもっ
ちゃった)
まだまだあります、元気なお母様、えるさんよりもたくさんフアンをもって
いるかも知れない愛らしいチリちゃん、環境のいい場所にあるお家・・・
etc. etc. 。

いかがでしょうか?

追伸 ・・・ ヘアスタイル、お似合いです。
Commented by elderman at 2007-04-05 14:39
よしこさん、こんにちは。^^
あっはっは、こりゃぁ、完全に一本とられましたね。(笑) だから、幸せって言葉使いたくなかったんだけどね。(汗)
確かにおっしゃられるとおりです。人間って欲が深いでしょ。(苦笑)
体重については、タイの生活での減量を期待していますけどね。タイにいた頃、64kgしかなかったものねぇ。+6kgだぁ。(汗)
家内には、「お願い、どうか行かないで」なんて殊勝な台詞を言われてみたいもので・・・ (笑)
息子たちねぇ・・・ 健康に生活しているから、それに越したことはないのでしょうが、親の目からはいろいろとねぇ・・・(苦笑)
買いたいものがあれば買いますけど、買いたいものがないしなぁ。次第に仙人に近づいているような気がしないでもないし・・・ (笑)
母親の元気には感謝しないといけませんね。私が不在の間、チリが相手になってくれるでしょう。タイにいる間、チリがブログに登場できなくなりますね。ファンが多いようなので、これはがっかりかな。
ヘアスタイル、ありがとうございます。熱帯の国でこれでいいものかどうか・・・ 単に短くしても面白くないし、どうしようかなぁ。
Commented by doteru at 2007-04-05 16:36 x
よしこさん、eldermanさん、こんにちは!先ほどはよしこさんだけのお話でヘアスタイルで笑い出すことなかったのだが、はい、頭の切り替え
【今年1月阪神大震災12年後のニュースの時聞いた事。】
「神戸も復興してと軽く報道したり皆にもそう思って欲しくない。」と今風の若い人達がインタビューに返答。外見から判断する方が多いのであえて”今風”と記。「お婆ちゃんは自分だって娘を亡くし辛かったのに6歳だった私は気付かず我が儘をいいお婆ちゃんを困らせた。自分の物を何も買わず私の物をいつも買ってくれた。早く一人前の美容師になってお婆ちゃんに楽をさせてあげたいし多くの人を綺麗にしてあげたい!」18歳の女性 で目が輝いてました。30代半ばの男性は宅配の仕事に就職。
彼が「震災数年後は隣、近所の人びとをお互いによく知り留守宅の荷を心よく預かってくれましたが今は駄目ですね、呼び鈴ならしてもでてきてもくれない・・・」と。彼の家庭が画面にでました。狭いアパートのような雰囲気の部屋でしたが、二人のお子さん達のノビノビとした笑い声が父親の声の後ろから聞こえてました。「やっぱりね。」と私頷いてました。そしてエネルギーが湧き出てました。^^
Commented by elderman at 2007-04-05 17:03
doteruさん、こんにちは。^^
人間というものは不思議な生き物ですね。困難があれば助け合って、苦しいけど生き生きして来るし、いろいろ満たされていれば反対に欲求不満になりそうだし・・・ むしろ、何かが足らないという方がいいのかなぁ。自分だけだと嫌だろうけど、みんなが同じ境遇というのがいいのかな。昭和30年代が良かったとは言わないけど、そういう状況だったのかも知れません。
Commented by kkagayaki at 2007-04-05 21:08
海外は途上国には行った事がないのですが、日本は恵まれていると思います。それなのに、不満ばかりいう人が多いのも飽食のせいだからでしょうね。自分のことしか考えない人も多いですし、日本人が貧しかった時代の方が幸せだったという人もいます。eldermanさんのタイ行きの
理由の一つを伺えてよかったです。
Commented by elderman at 2007-04-05 21:22
kkagayakiさん、どうなんでしょうねぇ。
kkagayakiさんも、是非ご自身の目で東南アジアなどの国々の人々と接してみるのがいいかも知れませんよ。私たち日本人には、なにか失ってしまったものがまだあるような気がするかもしれません。
タイの田舎に行って、体験記をブログに載せたいと思っています。^^


<< そぉ~      園芸植物(76)芍薬 >>