えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 05日

園芸植物(76)芍薬

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合のよう」、美人の形容に使われるフレーズですが、芍薬と牡丹の花というのは区別がつけられないですねぇ。枝ぶりが、芍薬の方がすらりと立ち、牡丹は横に広がって見えるようです。また、牡丹は木本で、芍薬は草本という差があるようです。

一般に芍薬の花は小振りのようですが、写真のものは10cm以上ある大きなものです。背景を黄色にして和風の雰囲気を出してみました。
e0031500_63215.jpg

e0031500_63994.jpg

[PR]

by elderman | 2007-04-05 06:03 | 花と樹木(温帯) | Comments(7)
Commented by kkagayaki at 2007-04-05 20:55
美しいですねぇ、さすが美人に例えられる花です。日本画に多いですよね。一瞬墨絵が頭に浮かびました。
Commented by elderman at 2007-04-05 21:19
kkagayakiさん、こんばんは。^^
まさに花って感じですね。豪華絢爛って感じかな。
私に似合えばいいけど・・・ ちょっと無理ですね。(笑)
Commented by doteru at 2007-04-06 03:37 x
今朝起きてすぐこの牡丹をみてました。昔実家の床の間に墨絵の牡丹の掛け軸が・・季節や時期に合わせて掛け軸を掛けなおす、、東京でも季節を愛でる習慣ありました。
スイス人のお宅によばれた時、このような牡丹の銀屏風が壁に掛けてありました。私が見蕩れいたら「引越しが多いでしょう、いつも家具つきの家を用意されていて毎回違う雰囲気、、でもね一画はいつも同じ雰囲気。この屏風を掛けてあるところに座るとと”あぁ~家に帰ってきたなったほっと
するの!」と奥様が、、。「植物も好きだけどちゃんと手入れしてあげる時間ないし、、庭には木があるし、、だからこの牡丹はとても貴重なの」と。
勿論デザートの時は私牡丹が見える所に座らせて頂きました。
あの空間だけ静けさが漂っていた素敵でした。

Commented by doteru at 2007-04-06 04:06 x
ーーー訂正お願いーー

  銀屏風ーーー>金屏風
Commented by elderman at 2007-04-06 05:27
doteruさん、こんばんは。^^
タイトルで訂正ってあったから、牡丹を芍薬と訂正されたのかと思いました。牡丹なのかなぁ・・・ 花は大きいし、幹をみると木のようですから。(汗)
Commented by doteru at 2007-04-06 05:46 x
eldermanさん、お早うございます。
寝る支度をしながら
「 ン? ひょとして一つしか訂正しなかつたのでは? 短いからあれは
 削除して、牡丹を芍薬と・・・・」と思い戻ってきたら、もうコメントが!!
先に訂正して下さって有難うございました。

はい、タオルーーー>汗拭きようです!!
ちなみに私は笑いすぎて涙がでてくるこのブログにタオルを必要です!


Commented by elderman at 2007-04-06 05:56
doteruさん、こんばんは。^^
私はこの時間にブログの更新をしていることが多いです。それから朝食の準備に入ります。^^
笑うということはとてもいいことでしょう。喜怒哀楽を素直に楽しみましょう。^^


<< 幸せを実感したくて      レストランえるだま(2) >>