えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 20日

園芸植物(61)ミツマタ

ミツマタは写真では知っていましたが、本物を見たのは初めてかも知れません。ミツマタって、漢字では「三椏」と書くようです。「三叉」、「三又」という表記もありました。実際、枝が三又になっています。

沈丁花と同じ「ジンチョウゲ科」に属しています。紅い花が咲く種類もあるようです。
e0031500_5334097.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-20 05:33 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by kkagayaki at 2007-03-20 14:06
梅見に行った時沢山映しましたが、近くで見るとこんな感じなんですか?
全く別の植物に見えますね。
Commented by elderman at 2007-03-20 16:47
kkagayakiさん、そうですか。
これは蕾の状態を写しているのでちょっと違った印象かも知れませんね。
Commented by mintogreen at 2007-03-20 22:43
よくよく見てみると、こんなふうに咲いているんだ~と、マクロで改めて知ることが出来ますね。
可愛い花が集まって、咲いているんですね~。
Commented by elderman at 2007-03-21 03:07
mintogreenさん、そうですね。^^
普通のミツマタの花の写真とはちょっと違っているので面白いでしょ。
実はこの木、去年も発見していたのですが、その時は花が終わりに近かったのです。
Commented by ひよこ.com at 2007-03-22 13:00 x
ちは!
ミツマタって和紙に使われてるあれですか?
びみょー名花ですな。
Commented by elderman at 2007-03-22 13:45
ひよこ.comさん、こんにちは。^^
そうですね、コウゾ、ミツマタって和紙の原料ですね。
ビミョーな名花っていうのかな。不思議な感じの花ですね。^^


<< 計画発表      レストランえるだま >>