えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 19日

日曜大工の後遺症

2月21日から約1か月、日曜大工に勤しんで来ましたが、ようやく一段落したところです。自分の部屋(書斎)に始まり、ダイニング・キッチン、トイレ、収納、通路、テラス、視覚格子の設置、書斎の改良(プロジェクター、珈琲セット)と済ませました。

家の人の反応は面白いもので、改良した直後は「わぁ、すごい、きれい」とか言ってくれますが、その後はあたかも何年も前からそうだったというような表情に変わります。新鮮な刺激というのは最初だけのようです。まぁ、それが家というものなのでしょう。

ところで、一連の日曜大工でいささか後遺症がでています。一番ひどいのは、手の荒れでしょう。ささくれ、ひび割れ、さらに傷ともうさんざんです。ひび割れなんて小学生の時代以来じゃないかなぁ。鋭い痛みを伴いますから、不愉快なものです。おまけに、手のささくれは、衣類を触るとざりざりという嫌な感じがするし、自分の髪の毛を触ってもも、まるで手袋をして触っているようです。

そんなことをぼやいていると、家内は「好きなことをやっているんだからいいじゃない」、「手袋をつけてやればいいのに」、「コールドクリームを使えば」と言うだけ、苦労は報われないなぁという感じです。ま、好きでやっていることだから・・・いいけどね。(苦笑)

スポーツの後の筋肉痛、日曜大工の後の手の荒れ、これらはつきものかな。日曜大工の後遺症は他にもありますよ。作業していた衣類にはペンキが付いているし、庭のあちこちにペンキが落ちているし、緑の葉っぱも斑入りになってしまったりね。(笑)
e0031500_8371459.gif

[PR]

by elderman | 2007-03-19 08:31 | 日々の雑感 | Comments(4)
Commented by madamkase at 2007-03-19 15:40 x
お疲れになったことでしょう。しかしもうじき帰国なさって1年、業績を一つ残されたではありませんか。手の荒れはまめにワセリン等を擦り込んでください。私もたまに掃除すると同じことを感じます。
私の亡夫は大工さんになっていたら成功していただろうと思うほどで、
自分で大雑把な図面を引いて、結婚当初、住んでいた小さな住宅に
6畳の和室と、8畳の板張りで私の仕事部屋を建て増ししてくれました。
和室の上はちゃんと瓦まで葺いて、押入れをつけた本格的なものでした。
あの当時、ブログなどあったら、私はきっと進捗状況など、写真入で書いていたかもしれませんね。^^
Commented by elderman at 2007-03-19 15:47
madamkaseさん、こんにちは。^^
ばたばたとやってしまいました。素人の安普請ですが、もともとが古い家なので、少しましになったという程度です。(苦笑)
玄人裸足の力量、羨ましいですね。私には本当の家を作るなんてとてもできそうにありません。
リフォームしているうちに次第にぼろぼろになったりしてね。(笑)
手の荒れはしばらくなにもしないでいれば治ることでしょう。^^
Commented by mintogreen at 2007-03-19 22:36
ほんとに、帰国なさってもう一年になるのですね~。
えるだまさんの帰国を首をなが~くして待っていた事を思い出します。^^
まさか、大工さんになるとは、えるだまさんも想像なさらなかったでしょうね。
でも、何事にもこつこつと物事に向かう姿は、私達のお手本です。
年齢を重ねる事の楽しさを教えていただいているようで。
これからも、いろんな事に挑戦なさって、私達を楽しませてくださいね。
えるだまさんに続け~~~!^^   オ~~~!!
Commented by elderman at 2007-03-20 05:05
mintogreenさん、ほんとうはね、4月3日に帰国したのです。
だからまだ一周年にはならないですね。でも、もう直ぐだけど・・・
八丈島にも行きました。お陰様でありがとうございます。^^
日曜大工に凝るとは夢にも思っていなかったですね。日本は何でも手に入るのでそれだけ便利だからってことかな。
1か月に及ぶ日曜大工、その疲れが出て来たようです。9時にはバタンキュ~~~zzzzzzzzzz
mintogreenさんだって精力的じゃないですか、若さを感じますよ。^^


<< 白いテラスの原体験      園芸植物(60)ユキヤナギ >>