えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 18日

園芸植物(59)ジンチョウゲ

いい香りを振りまいている沈丁花ですが、もうそろそろ花期が終わりそうです。
e0031500_3214594.jpg

e0031500_3222956.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-18 03:21 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by madamkase at 2007-03-18 05:17 x
私の大好きな花として去年ブログでお話したことがあるような・・・
私は鈴蘭タイプが一番好きな花の形なのですが、こういう小さな花の集合体がまたひとつの形を形成する楠玉型もいいですね。
トルコにはないので、日本を発つとき、枝を切って持ってくれば、移植は駄目だと聞きましたが、挿し木が非常に好くつくので、あるいはうまく行くかもしれませんね。2年後には花が楽しめる可能性ありですから、やってみるかな。
Commented by elderman at 2007-03-18 06:55
madamkaseさん、おはようございます。^^
鈴蘭型、楠球型、いい分類ですね。他にはどういうのがあるのでしょうか。ラッパ型、房咲き型、俯き咲き型、花火型、ソフトクリーム型、髭咲き型、唯我独尊型、並列咲き型・・・などかなぁ。
沈丁花は中国が原産らしいのですが、トルコでは無理でしょうかねぇ。大好きな花ということなら、是非挑戦してみてくださいな。^^
Commented by paraissez at 2007-03-18 14:05
今年はなぜかあまり香りが漂って来なかったのです。
うーん雨が多かったから?途中で寒くなったから?
会社のそばの団地の沈丁花もそろそろ終わりです。
Commented by elderman at 2007-03-18 14:26
paraissezさん、どうなんでしょうねぇ。
花の数が例年よりも少ないのでしょうか。
妙に暖かくて調子が狂っちゃったかな。(苦笑)


<< テラスにまた一工夫      最近のチリ >>