2007年 03月 14日

いよいよ塀に手をつける

テラスのチェアーに座ると、その高さのせいで外の景色がダイレクトに見られます。逆に言えば、外からダイレクトに見られてしまう訳です。開放感はいいのですが、なんとなく落ち着きません。この問題を解決しようと、いろいろ考えてみたのですが、家の外観を損ねてはいけませんから、難しいものです。

そこで、開放感と安心感の両立を図るため、塀に視覚塀をつけてみました。透け透けなのですが、なんとなく境界ができた感じです。強いて言えば、こちらからはよく見えるけど、向こうからは日差しのせいで見にくいという効果があるようです。

これで安心して昼間からテキーラでも飲めるかな。(笑) これから紫陽花の葉が生い茂ってきますから、黒いフェンスのところはもっと見えなくなるでしょう。
e0031500_1793886.jpg

e0031500_1794645.jpg

e0031500_179534.jpg

(視覚壁と視覚塀のコーディネーション)
e0031500_20122332.jpg




e0031500_777100.jpg

[PR]

by elderman | 2007-03-14 17:10 | 日々の雑感


<< 園芸植物(56)スイートピー      園芸植物(55)カスミソウ >>