えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 12日

言葉シリーズ(14)ねこばば

「ねこばば」という表現、面白そうですね。漢字で書くと語源がなんとなく分かって来ます。「ねこばば」って猫糞って書くんですね。広辞苑では、「悪行を隠して知らん顔をすること。落し物などを拾ってそのまま自分のものにしてしまうこと。」とあります。

私は、後者の意味で「ねこばば」という表現を使いますが、前者の意味もあるようです。語源としては、猫が脱糞後、脚で土砂をかけて糞を隠すことからということのようです。

因みに、「かまとと」というのは、「かまぼこをこれはととかと聞くような世俗に通じないおぼこな様子をしてみせること」というのを短縮した表現のようです。漢字で書くと、「蒲魚」と書きます。分かっているくせに分からないふりをすること、何も知らないような上品ぶり、面白い表現ですね。
e0031500_14513912.gif

[PR]

by elderman | 2007-03-12 14:51 | えるだまの観察 | Comments(7)
Commented by paraissez at 2007-03-12 20:53 x
不思議ですねぇ、糞をかくすだけなのに、盗人扱い♪
犬は食べ物埋めちゃうけど、そんなこと言われないものね♪
Commented by madamkase at 2007-03-12 23:18 x
猫に罪が着せられる、というわけではないのでしょう。
人間の行為がそう表現されているだけですから、悪いのはあくまでも人間で・・・化け猫などの怪談があるくらいですから、猫も胡散臭く思われる面もあるのでしょうね、恩知らずとかね。ほんとは可愛いのにぃ。
Commented by elderman at 2007-03-13 02:33
paraissezさん、こんばんは。^^
私の推測ですけど、江戸時代に生まれた表現じゃないのかなぁ。
犬は妙に大事にされた時代があったからかも。
Commented by elderman at 2007-03-13 02:36
madamkaseさん、こんばんは。^^
動物でも植物でも、当事者には何の罪もないのでしょう。
人間の勝手な思い込みで、人間の行動や身の回りの物などに例えてしまうというのでしょうね。
猫は猫なりに一生懸命に生きているというだけなのでしょうに。
Commented by doteru(1) at 2007-03-13 03:12 x
 言葉シリーズ(10)と雰囲気を変えて本日は”賢く生きる知恵”に関連してコメントを纏めてみます。(忍耐)
両面観でみると考え方に幅が、、、
【ねこばば】猫は自分で自分の後始末をちゃんとします。マナーがあります。人間はハイキングなどに行きトイレがない時”pick up flowers
in the garden"です。その後自分の手を使って土で隠すでしょうか?
【かまとと】これは小さな戦争を防げる武器にもなれます。
ーーーーー例ーーーー
バザーのお手伝いの方を長続きして頂く為には特に【金銭面の問題】で
信用を確保しなければいけません。最後の会計報告をごまかす方がいらして、しかもその方が役員に一人とします。直接注意したらその方のプライドを傷つけ、しかも全体の雰囲気が悪くなります。そこで私が「皆で働いたのですもの、皆で収益金を数えましょう!」と提案したとします。
その提案を面白く思えない方は咄嗟に「自分でねこばばしてるから、」とご自分をかばう為に矛先を私に向けたとします。周りの人びとがイカって
「それは貴女でしょう!!」という前にーージャーン!生きる知恵の登場。
【かまとと】さんの活躍の場デス。--


Commented by doteru(2) at 2007-03-13 03:28 x
「ゴメンナサイ、あの、その、、、意味がよく分からないです。今辞書で調べると時間が掛かるから後で調べます。今は皆さんが早く帰れるように
皆で会計処理をしましょう!!」と明るく言えば本来の目的【ガラス張りの会計報告】を達成できるばかりでなく周りの雰囲気も必要以上に悪くせず
"小さな戦争”を防げます。如何でしょうか、こんな使い方は、、、、
Commented by elderman at 2007-03-13 06:11
doteruさん、こんばんは。^^
他の人に「ねこばば」しているなんて非難されたときに「かまとと」でかわすというのはいいですね。(笑)
「ねこばば」しているなんて言われたら怒っても当然そうですけど・・・(苦笑)


<< 園芸植物(54)チューリップ      園芸植物(53)レウココリネ >>