えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 11日

言葉シリーズ(13)めかす

「めかす」という言葉、なんだか面白そうです。広辞苑では、「身なりをかざりたてる。体裁を飾る。しゃれる。」とあります。

語源は、どうやら「色めかす」ということのようです。全部までは言わないという日本人の文化でしょうか、語尾だけが残って新しい表現になったようです。

似たものでは、「ぶる」というのがありますね。「えらぶる」、「金持ちぶる」、「知ったかぶる」などの接尾語だけが独立したものでしょう。
e0031500_9521968.gif

[PR]

by elderman | 2007-03-11 09:52 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by doteru at 2007-03-11 15:44 x
言葉も生きてる・・時代とともに
今27歳の友人が中学生の時「さあ、”おめかし”して出かけよう!」といったら、曾おばあ様に、「若い子がそんなこと言ってはいけません。”おしゃれをして出かけよう!と言いなさい!」と注意されたのを思い出しました・
4世代同居のご家族でした。
又、子供達が日本語補習校に通っていた時、子供達の会話の中によく
「くさい!!」という表現を耳にしました。私は帰宅してから子供達に
「あなた方も人に対して”くさい!”と言うの?」と真面目な顔して聞きました。息子、「ママ、日本人でしょう。"嘘くさい”からきてる”くさい!”と会話の中から想像できなかったの?」と・・・・
感性が失われ、以心伝心の会話も難しくなり趣のある日本語も通じない
事も多くなったと感じてる方多いです。
又、外国人できちんとした日本語を勉強をした方々は初めて日本に行った時日本語がほとんど理解できなくて自信を失う方多いです。カタカナ語が日本語にはいっているからです。  「「ドアを開けてください。」?????
彼らにとっての日本語は     「戸を開けてください。」です。
Commented by elderman at 2007-03-11 16:43
doteruさん、こんにちは。^^
ははぁ、その曾おばあ様、語源をご存知だったんですね。ならば、嗜めるということが理解できますね。
接尾語が一人歩きするというのは日本の文化かも知れません。「くさい」もその一例なのでしょう。現代の若者言葉に敏感でいないと意味が分からなくなりそうです・・・(汗)
確かにカタカナ言葉多いですね。日本人の頭が柔軟だとも言えるでしょうが、覚えるのが大変ですね。(苦笑)
Commented by doteru at 2007-03-11 17:37 x
はい、そうです。発音は日本語アクセントでその上造語(例えばフリーター)もあるし。飛行場の税関での笑い話多いです。(バックの中を見せて下さい)?????友人は背中をむけて上着をまくり背中をみせたそうデス。
前述のイギリスの父は「学者ぶらず」誰にでも関心を持ってもらえるようにやはり易しい言葉で説明をしてくれました。博物館も子供にも関心をもってもらえるようにの工夫は素晴らしいものでした。
日本語も”おおきな" ”ふとい" いぬ” というように覚えてました。
       大       太    犬


Commented by elderman at 2007-03-11 19:40
doteruさん、なるほど。^^
犬だってドックかな。(笑)
「尤も」はゆがんだ犬かな?
Commented by doteru at 2007-03-12 16:38 x
eldermanさん、お早うございます。今朝も笑いでスタート。
やはり、言いたくなり、ここへ。
上記の「バック」の次に「ドック」を思いつくのも「御尤も!!」
Commented by elderman at 2007-03-12 17:17
doteruさん、おはようございます。^^
あっはっは、人間ドックって犬のことじゃないけどね。(笑)
ホットドックとは言わないかな。因みに、スペイン語でホットドッグのことは、ペロカリエンテ・・・熱い犬なんですけど。何か変ですね。(笑)


<< 園芸植物(52)トルコギキョウ      園芸植物(51)ハナカンザシ >>