えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 17日

言葉シリーズ(11)八百長

最近は週刊誌で大相撲の八百長疑惑が報道され、相撲協会は事実無根として法廷で争うことになるようです。この八百長という言葉、古い響きを持っていますね。似た言葉の八百屋との関係はどうなんでしょうか。

広辞苑によると、①相撲や各種の競技などで、一方が前もって負ける約束をしておいて、うわべだけの勝負を争うこと。なれあい勝負。②転じて、内々示しあわせておて、なれあいで事を運ぶこと。とあります。昔の日本の代表的なスポーツである相撲が引き合いに出されているのは当然のことなのでしょう。

広辞苑には、さらに語源も書いてありました。「明治初年、通称八百長という八百屋が、相撲の年寄某との碁の手合わせで、常に一勝一敗になるようにあしらっていたことに起こるという。」なのだそうです。

八百長という言葉、直接相撲における八百長試合を指していた訳ではないのですね。八百長さんが相手をしていた碁の相手がたまたま相撲関係者だったということでしょうか。しかも騙されていた方なのですから、相撲の取り組みとは直接は関係がないですね。

八百長という言葉、たまたま八百屋だった長兵衛さんに由来することは分かりましたが、一方の「八百屋」という言葉の語源はどうでしょうか。広辞苑には語源は書いてありませんでしたが、サイトで調べると、「青物屋」を略して「青屋」になり、それが「八百屋」になったという説、扱う商品が多いので「八百万」(やおよろず)から転じたという説などがあるようです。
e0031500_8503057.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-17 08:50 | えるだまの観察 | Comments(8)
Commented by paraissez at 2007-02-17 10:52 x
なるほど。八百屋の長さんのお話は知っていましたが、そういえば
子供のころ、「魚を売るのは魚屋、肉を売るのは肉屋、なのに野菜を売るのはどうしてやおやなんだろう?なんで野菜屋じゃないんだろう?」と
不思議に思ったことを思い出しました。
当たり前になるとそんな疑問すら忘れてしまいますね・・・。
うーん、疑問を追及するえるだまさん、やっぱり脳がお若い^^
Commented by tad-blog at 2007-02-17 19:09
この八百長問題ですが、TVなどでの角界関係者の発言が
いまひとつ歯切れが悪く聞こえるのですが・・・気のせいですか?
Commented by elderman at 2007-02-17 20:00
paraissezさん、こんばんは。^^
あはは、ありがとうございます。八百屋って妙な呼び名ですものね。^^
妙な言葉、語源を調べたくなってしまいます。この際、面白いと思われるものでお付き合いくださいね。^^
Commented by elderman at 2007-02-17 20:04
tad-blogさん、こんばんは。^^
どうなんでしょうねぇ・・・ 法的措置に出れば相撲協会にも自信があるのではないでしょうか。今は様子見って感じです。
Commented by kaze at 2007-02-17 22:31 x
面白い話ですね。
そんなことがあったのですか、知りませんでした。

相撲の八百長の話は昔からよく出ます。
この際はっきりしてほしいですね。
Commented by elderman at 2007-02-17 22:48
kazeさん、こんばんは。^^
日本語の妙な言い回しについて調べると面白いですね。
相撲はどうなんでしょうねぇ・・・ 横綱がお金を配るほどお金持ちとは思えないのですが・・・ (苦笑)
Commented by めだか at 2007-02-18 16:37 x
赤いケシの花 ヨーロッパの 終戦記念日の象徴なんですってね。戦死者が祖国に捧げた 血なんでしょうか。キンギョソウと 並べると 一気に めでたくなってしまいそうですが ( ^_^ ;)。 私は 田舎生れの田舎育ち 今も田舎住まいです。田んぼや 畑に 囲まれ 花粉症に悩まされ 車通勤しています。田舎になればなるほど 車は 必需品。1家に 3台は常識です。田んぼ用の軽トラ 息子夫婦の それぞれの車と。じっちゃんばッちゃんは 軽トラで お出かけします。 土造りというのは 農業の基本ですね。神農皇帝も そう言っています。海は 森から作られると 同じでしょうか。特に 冬場のかえしが 土の基本のようですよ(^-^ )。
Commented by elderman at 2007-02-18 19:43
めだかさん、こんばんは。^^
ヨーロッパの終戦記念日って5月9日ですか、ケシの花にはちょっと早い感じですけど、そんなものかなぁ。
田舎育ちの田舎住まい、いいですねぇ、周りには自然がいっぱい、それでも花粉症なんですか・・・ うーん、難しいものですねぇ。
土造り、なるほど、基本なんですね。^^


<< 園芸植物(41)キンギョソウ      園芸植物(40)カサブランカ >>