えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 09日

言葉シリーズ(5)ずさん

「ずさん」という言葉、「ずさんな会計」というような使われ方をしますね。漢字では、「杜撰」という難しい表記になります。ということは、中国の故事から来ている言葉かも知れません。まさか、北杜夫さんの選んだようなものという意味ではないでしょうからね。

「ずさん」の意味は、「①著作などで、典拠などが不確かで、いい加減なこと。②物事の仕方がぞんざいで、手落ちが多いこと。」と広辞苑にあります。なんだか私のブログを言われているようで耳が痛いですけど・・・(汗)

では、語源を調べてみましょう。語源由来辞典では、「杜撰の『杜』は、中国宋の『杜黙』という人物を表し、『撰』は詩文を作ることで、『杜黙』の作った詩は『律』(詩の様式)に合わないものが多かったという故事に由来するということが一説として紹介されています。

「ずさん」という響きも良いとは言えないでしょう。そこに持って来て、なにごともきっちりしていないと気がすまない日本人には、「ずさん」という言葉は、なにかの批判するには格好の表現のようです。「ずさんな管理」、「ずさんな仕事」、「ずさんな経営」などよく使われますね。

余談:
「ず」で始まる単語って悪いものばかりじゃないかなぁ。

ずるい、ずっこける、ずに乗る、ずうずうしい、ずけずけ、ずたずた、ずぶ、ず太い、ずべ公、ずぼら、ずらかる、ずんぐり、ずんどう・・・など

ずっしり、ずばり、ずば抜けている・・・これらは悪い意味じゃないですけどね
e0031500_5532352.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-09 05:52 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by Mook at 2007-02-09 19:35 x
はい、自称 杜撰な男です(^^;
プログラムにクレームが来た時も、その頃流行っていた
「ファジー」ですからとごまかしてました(激汗)
Commented by elderman at 2007-02-09 19:37
Mookさん、こんばんは。^^
Mookさんは、全然杜撰じゃないですよ。^^
そっか、杜撰と言わずに、ファジーって言えばいいんですね。(笑)
Commented by mintogreen at 2007-02-09 23:27
えるだまさん、こんばんは。
杜撰、それは、私です!自信あります!
いや~、この記事を拝見していましたら、まさしく、私の事だと痛感いたしました。^^
そうか、ファジーと言えば・・・、いいのね・・・。
ちょっと、それもな~。^^
でも、ファジーって、時には必要なんですよね。^^
Commented by madamkase at 2007-02-10 04:20 x
日本語の単語の中には、字面と読み方、意味がそれぞれに全然マッチしないものがいくつかありますね。
杜撰というのもそのひとつ、ずで始まる単語、そういえばあんまり感心しないものが多いようです。

ところで、私のところにも昨日は大名行列が来ましたよ。東北の外様大名かな、えるだまさんよりやや小人数でしたけど。
明朝からまた出張します。1週間か10日くらいで戻ります。アバウトでしょう。
Commented by elderman at 2007-02-10 07:34
mintogreenさん、おはようございます。^^
自己紹介されるときには、使わない方がいいと思いますよ。(笑)
「私はとっても杜撰な人間なんです」なんて言ったら、しかめっ面されますよ。(苦笑)
「ファジー」とはちょっと違うと思うけど、柔軟な対応ができるということはいいことですね。
Commented by elderman at 2007-02-10 07:52
madamkaseさん、おはようございます。^^
そうですね、杜撰という字だけをみると悪いイメージは浮かばないですね。厳選された銘酒って感じかな。(笑)
またまた出張ですか、充実していますねぇ。猫ちゃんたち大丈夫かな、寂しがるでしょうね。気をつけていってらっしゃいませ。


<< 梅がちらほら      眠っている、死んでいる・・・そ... >>