えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 09日

眠っている、死んでいる・・・その差って

単純な疑問のようですが、医学的、あるいは物理的な問題は度外視して考えると、どうでしょうね。眠っている人は目が覚める、死んでいる人は生き返ることはない、と言われるかも知れませんが、眠っているときに目が覚めるって考えていないでしょう。

死んでいれば、悪夢にうなされないし、夜中にトイレに起きることもないし、ストレスのある現実から永久に逃げられるし、まんざら悪いことばかりではなさそうです。いや、別に自殺を勧めるとかそういう話ではありません。なにか決定的に違うことってなんだろうかって考えているだけです。

眠らないと死んじゃう・・・ 死んだらもう死ねない。これが決定的な差かな。(笑)

冗談はともかく、眠っているときと死んでいるときとでは、意識がないという点であまり差がないようです。ただ、死の先は分からないけど 眠りの先には目覚めがある。どうもこれが決定的な差かも知れません。分からないというのがミソのようで、だから宗教の役割があるのかも知れません。イスラム教では、最初から自殺は禁止されていますから、理屈じゃないと言っているようなものですね。

死の先が分からないということは、つまり、分からないから怖い、死を恐れるというのが普通でしょう。

でも、いじめや失恋などで絶望的になったら自殺に走る、絶望の現世よりも分からない死後に賭けるということになるんじゃないかな。日本の文化として、切腹や心中など死の美化というものがあるようで、これが自殺という行為の後押しをしているのかも知れません。

一方、歳とともに死を恐れなくなって来ている自分を感じますが、これは現世に飽き始めているということかも知れません。現世に飽きたから、いっそのこと分からない世界に行ってみようかという気になるんじゃないかな。

で、結論ですが、自殺したいというのは、現世における辛さがピークに達し、未知の世界である死後に賭けたくなるのではないでしょうか。いい世の中じゃないと自殺者が増えるとしたものでしょうか。自殺者を増やさないためには、もっと希望や夢の持てる社会環境がないといけませんね。
e0031500_7252670.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-09 05:45 | えるだまの観察 | Comments(4)
Commented by よしこ at 2007-02-09 17:59 x
家庭環境や貧困などを苦に自殺願望がつよかったのは多感な中学生時代でした。ある書物で「安らかな眠りもあれば、悪い夢を見てうなされたり、寝苦しかったり、いい眠りばかりとは限らない、死もまったく同じで死んだらその苦しみから逃れられるというものではない」というような趣旨の文章を読み、「な~んだ」と変に納得して自殺の誘惑から離れることが出来ました。それ以来ウン十年、別に死にあこがれることもなく、また怖いと思うこともない今日この頃・死はたった今でもいつでもいいけれど、ただ一つ、死に至る過程が恐ろしい。願わくはその瞬間までワハハと笑ってきげん良く生き、瞬間的にコロリと死にたい。
Commented by elderman at 2007-02-09 19:14
よしこさん、こんばんは。^^
眠りと死って似ていますね。死んでも苦しみから逃れられないというのは辛いですねぇ。その書物を書いた方はどうしてご存知なのでしょうか。死後の世界が分かっていれば、もっと生き方が変わると思うのですが、その書物を読んだ人が納得できるくらい説得力があったのでしょうね。誰しも、ポックリと、痛さなどに苦しまずに逝きたいとは思うでしょう。死に方はどうあれ、その時まで、与えられた生をまっとうするというのがいいのではないでしょうか。
Commented by mintogreen at 2007-02-09 23:54
う~ん、難しいお題ですな。^^
今の世の中だけが嫌な世の中とは言い切れないくらい、歴史は・・・だと思うし~。
死と眠りの、狭間の先は似たようなものに感じ~。
その後が、確かに違いがあるのだけれど~。

死ぬために、生きるっていう事を近頃よく、考えますね~。
死に向かう為の準備とでもいいましょうか。きゃ!コワッ!
必ず、死ぬんだから、どうせ死ぬのなら、今、やるべきことをやっておこうと。^^
な~んちゃって。
ふざけながら、マジになっちゃった。
あら、また、流行言葉を使っちゃった~ん。
えるだまさんに、嫌われちゃう。^^
おばかばかばか、minto。^^  ズコッ!



Commented by elderman at 2007-02-10 07:46
mintogreenさん、どうも。^^
似たようなものの違いを考えると何かが分かるようになるかも知れません。
今回は、自殺者の気持ちを考えることになってしまいました。mintoさんのように好奇心旺盛でやりたいことがいっぱいある方は、まだまだ死んでしまう訳にはいきませんね。^^
「え?マジ?」、「マジかよぉ」なんてよく耳にしますね。若者言葉かな。mintoさんが若い人たちとよく接しているってことでしょ。^^


<< 言葉シリーズ(5)ずさん      園芸植物(39)スイートアリッサム >>