えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 06日

権威の失墜、いいことじゃないかな

私は、昔の方が良かったなんて考えることはほとんどありません。良かった点があることは認めますが、だからと言って昔に戻りたいなんて考えたことがないということです。ということで、今回は昔に比べて良くなったことについて考えてみたいと思います。

権威の失墜と題を打ちましたが、私はこのことは良いことだと考えている人間です。教師が尊敬されなくなった、警官でも犯罪をする人がいるなど悪い面を思い浮かべる方がいらっしゃるかも知れませんが、それと権威の失墜ということとは違うことだと考えています。

権威というのは、目に見えない圧力のようなもの、そんな感じがします。それが失墜したというのは、取りも直さずマスコミの報道のお陰でしょう。視聴率や売れ行き重視のマスコミですから、話題性ばかりを追求しているという面は否めませんが、微にいり細にいり取材し、報道するものですから、権威のあったものからどんどんこけらが落ちていっているように思われます。

例えば、昔なら知事が何をしているかなんてなかなか見えなかったものです。議員の活動だって選挙以外ではほとんど分からないですね。国政レベルなら、新聞やテレビで報道されるのでまだ見えるのですが、そのお陰でバカ大臣なんて言われ、まさに権威が地に落ちてしまっています。

私は、それでもいいと思います。昔はまずいことが見えなかっただけだと考えているからです。昔だって質の悪い教師だっていたことでしょう、犯罪をする警官もいたんじゃないかな、問題はそれが知られなかったということではないでしょうか。

ガラス張りのようになったところで本当の実力を発揮してもらって実績が評価され、尊敬されるというのが望ましいと思います。口を滑らしたということでブーイングを受けても、立派な実績があれば、むしろ揚げ足を取る報道する側が非難されるものではないでしょうか。これは、今回の騒ぎを言っている訳ではありません、一般論です、念のため。

権威という目に見えない圧力というものは、為政者に都合のよいものなのでしょう。芸術の世界にもあるのではないでしょうか。行政は実際に法的権力を持っているので、権威なんてものはなくても業務は行なえると思います。行政指導はやりにくくなると思いますが、行政指導なんてもともと法律ではないのですから、そもそも限界があるものでしょう。

私は、権威があると思われていたものが一般人と同じ地平に降りてきて、そこから本来の再生が始まるといいと考えます。首相官邸、知事公舎、庁舎、そんなものが権威を示すために使われたのではたまりません。必要な機能があればいいのではないでしょうか。もちろん、国民や県民の希望で、お国自慢というか、豪華な建物などが支持されるというものなら問題はありませんけどね。

要するに権威なんて目に見えないものが失われて、本来の実力が評価され、尊敬されるという時代に入ったことはいいことだと思います。まだ入り口なのでしょう、いろいろな問題が浮き彫りにされています。これからみんなで知恵を合わせて、良い方向に進んで行くのではないでしょうか。
e0031500_9404153.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-06 09:36 | えるだまの観察 | Comments(4)
Commented by Mook at 2007-02-06 20:53 x
なーるほどっ、PCの前で深く頷いているえるだまファンです
Commented by elderman at 2007-02-06 21:10
Mookさん、こんばんは。^^
あっはっは、ありがとうございます。悪いことばかりじゃないでしょ。^^
Commented by as at 2007-02-09 16:40 x
マスコミの権威の失墜も凄まじいですよねw
インターネットを始めるまでは、新聞やテレビの報道は公正中立な物で
まさか、内容が偏っていたり捏造されている何て思いもしませんでしたよw
そう言う意味でなら権威の失墜も悪い事では無いですよねw
Commented by elderman at 2007-02-09 16:45
asさん、こんにちは。^^
マスコミの権威というのも怪しいものですから、謙虚に事実に忠実に報道してほしいものです。
それでも解釈が伴うものについては、何が正しいのかよく分からないものですから、できるだけ中庸を保ってもらいたいと思います。
インターネットの世界では、事実を語るものもあるけど、クズのような情報もあるので選別が大変ですね。


<< 道端の春(8)ナズナ      言葉シリーズ(2)ひもじい >>