えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 06日

言葉シリーズ(2)ひもじい

「ひもじい」という意味は簡単ですが、妙な言葉ですね。形容詞として使われますから、どこかのお爺さんを指している訳ではありませんね。

実は、この語源は、「ひだるい」なんです。漢字もありますが、画数の多い漢字だし、不必要なので紹介はしませんが、こちらが正しい表現ということになります。では、「ひだるい」がどうして「ひもじい」になったのでしょうか。

これは、日本人の言葉の文化というものでしょうか、「ひだるい」と直接言わないで、「ひ」文字と表して、それが形容詞形に変化したものだそうです。年配の方なら、「ほ」の字なんて言い方はご存知でしょう。「ひもじ」のようなものを「文字詞」(もじことば)というのだそうで、直接言うことを避けて単語の語頭音節だけを残して、「文字」という言葉を添えて作ったものです。

では、「しゃもじ」というのも同じなのでしょうか。「杓文字」と書きますから、共通性がありそうです。調べてみると、実際、「杓子」に「文字」をつけて出来た言葉でした。こういう言い方を女房詞(にょうぼうことば)というそうです。女房詞の中で特に文字詞と呼ばれるそうです。

さらに、「かもじ」ではどうでしょうか。こちらは「髪文字」とも書きますが、一つの漢字も存在しています。広辞苑を調べると、①(女房詞)髪と書かれています。こちらの名詞も文字詞ですね。

調べを進めると、この類の単語はたくさんありました。「おくもじ」(奥さん)、「おくもじ」(苦労)、「おめもじ」(御目にかかる)、「こもじ」(鯉)、「すもじ」(寿司)、「にもじ」(ニンニク)、「はもじい」(恥ずかしい)、「ひともじ」(ネギ)、「ふたもじ」(ニラ)、「ゆもじ」(浴衣)、などなどです。
e0031500_729819.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-06 07:29 | えるだまの観察 | Comments(4)
Commented by matyabin at 2007-02-06 12:32 x
文字がつくと奥ゆかしいんですね。
富山県では、昔の言葉が色濃く残っています。
(昨日のらちについて^^;←結構うけています)
らちあかん奴だ→らちゃかん奴だ→だちゃかん奴だ→だちかん奴だ・・・
ってな具合に変化しますが、「だめだなぁ」っていう時に使います。
ええ、使っています^^;

短大の頃、国文専攻だったので語源については興味があります。
京都の公家の言葉が(古い謙譲語)が残っている地域って言っておられました。
例えば、「かねころ」です。
手足が冷たくなった様を「か」も「ね」も強めの助詞です。「かねこおる」が正式です。
ほんとに言葉って面白いですね。
Commented by elderman at 2007-02-06 12:39
matyabinさん、こんにちは。^^
どうもそうらしいですね、今の感覚ではないようですが、直接言わないというのは奥ゆかしいのでしょう。
「だちかん」ですか、そこまでいくと聴いても分かりません。(笑)
「かねころ」・・・面白い響きですね。「犬ころ」みたいだなぁ。^^
Commented by madamkase at 2007-02-07 05:55 x
えるだまさんに勉強させておいて、横から労せずして知識を手に入れる。
うーむ、
あるところの新聞社の人みたいでしょう。

私の生まれ故郷千葉県流山、面白い言葉がありましたよ。
「へそっころ」  へそ曲がりとはちがうのです、いたずらっ子みたいな感じです。ちょっと扱いにくい子供、かな。
「はなっぽろ」  食いしん坊、しょっちゅう戸棚や冷蔵庫を開けて、何かつまみ食いしているような・・・

私は、両方の条件を満たしておりますわねえ。 はなっぽろkase。
Commented by elderman at 2007-02-07 08:15
madamkaseさん、どういたしまして。^^
こういうことを調べるのは大好きですから、楽しんでやっています。
記事の盗用というのはひどいですけど、知識の分け合いはいいことでしょう。^^
流山市には親戚が住んでいますが、私は新興住宅地だと思っていました。原住民もいらしたのですね。(笑)
私は千葉県に長く住んでいますが、両方とも聞いたことがない言葉です。流山って陸の孤島だったのでしょうか。(笑)
「はなっぽろ」って、妙な病気で鼻が落ちるって感じですけど。(苦笑)


<< 権威の失墜、いいことじゃないかな      道端の春(7)ヒメオドリコソウ >>