えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 05日

言葉シリーズ(1)埒

思いつきでこのシリーズを始めてみようと思います。風呂に入っていて突然「埒」って何だろうって思ってしまったのです。もちろん「拉致」の方ではありません。「埒があかない」とか「不埒なやつ」とか言いますよね。だから、「埒」っていい意味のはずなんですが、「埒」という字を使った人名を知らないし・・・ はて?不思議なことだというのが始まりです。

「不埒」というのは、「法にはずれていること」、「道にそむいていること」「ふとどき」と広辞苑に出ていました。だから、「埒」というのはいい意味のはずですよね。ところが、「埒」という漢字を調べると、「馬場の周囲の柵」なんて書いてあります。それが転じて、「物事のくぎり」になったような・・・ でも、ちょっと変ですね。

「埒」は「臈次」(らっし)からの転かもしれないということも書いてあったので、「臈次」を調べてみました。意味は、「ものごとの順序」、「秩序」ということのようです。その語源を調べると、次のようでした。

「仏教では、昔、雨季など修行の旅に出かけられない時、僧が1カ所に集まって安居(あんご)と呼ばれる修行をしていたそうです。この安居のことを年臈(ねんろう)・法臈(ほうろう)といい、その臈を出家・受戒してから何回修行を重ねたかによって座席の順位を決めたそうです。その順位を表す言葉を臈次(らっし)といい、順序がたたず、無秩序・乱雑なことを「臈次がない」と言ったそうです。 」・・・以上、飛騨語林からの引用です。

どうやら「埒」というのは「臈次」からの転というのが頷けます。「埒もない」というのは、「臈次もない」だったようです。こういう語源なら、姓名に使うというのはちょっと控えたくなりますね。そして、いい意味というほどのことはないようです。

それから、「だらしがない」というのも、この「埒もない」から来ているという説もあるようです。「だらし」って何だろうと思っていましたが、意外なところに答がありました。^^
e0031500_895493.gif

[PR]

by elderman | 2007-02-05 08:05 | えるだまの観察


<< 勿怪の幸い      道端の春(6)ツルニチニチソウ >>