えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 01日

道端の春(2)オオイヌノフグリ

ゴマノハグサ科クワガタソウ属のオオイヌノフグリです。日本の野草のようですが、ヨーロッパが原産です。明治初期に渡来したそうです。花期は2月から6月といいますから、やや早めの開花という感じでしょうか。名前が可哀想なので、私は「ベロニカ」(属名)と呼んでいます。
e0031500_1114781.jpg

[PR]

by elderman | 2007-02-01 01:11 | 花と樹木(温帯) | Comments(10)
Commented by kaze at 2007-02-01 06:48 x
オオイヌノフグリもホトケノザも
早いですね。
さすがに千葉は暖かいと言うより、
今年の暖冬の影響でしょうね。
私の所はまだ何もありませんが。
Commented by elderman at 2007-02-01 08:31
kazeさん、おはようございます。^^
私の家の周辺でも、こういう野草の花はまったく見られません。
車を運転していて偶然にこの陽だまりをみつけました。
家に戻って、チリを連れて撮影に出かけました。風当たりが少なく、日当たりがいいという場所でした。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-02-01 12:05 x
フグリだ、フグリだ!
しかしなんでフグリ?
しわ??
ぎゃははは、、
Commented by elderman at 2007-02-01 12:34
猫姫少佐現品限りさん、こんにちは。^^
たはは、残念ながら、私は「ふぐり」と言われる由縁の実の形を見たことがありません。今年は、見てみないとね。
Commented by madamkase at 2007-02-01 16:30 x
うちのほうでもきっと咲いてるはず、と思いながらなかなか散策に出る時間がなくて発見できないでいます。
トプカプ宮殿の外側にあるビザンチンの古い城壁が延々と続くあたりの陽だまりには必ず咲いてると思いますが、ああ、あと少しの辛抱で座り仕事は終わらせて海辺に出るぞ~。
Commented by elderman at 2007-02-01 19:13
madamkaseさん、忙しい人間を自然は待ってはくれませんよ。(笑)
トルコは日本と同じような気候でしょう、陽だまりにはきっとあると思います。
たまには、ビタミンDを作りに散歩に出かけてみてくださいな。気分転換も必要ですよ。^^
Commented by nekosiro at 2007-02-01 20:45 x
ご無沙汰してます~☆
オオイヌノフグリがもう咲いているんですね~
私は道ばたに咲くこの花を見て、いつももうすぐ春だなぁと思っていました。
こちらでは、色々な花の盛りが過ぎて、今はあまり花が咲いていません。
秋にはどんな花が咲くのか楽しみです。
Commented by elderman at 2007-02-01 20:47
nekosiroさん、こんばんは。^^
お久し振りですねぇ。^^ 時差のないところだから挨拶を考えないですみますね。(笑)
オオイヌノフグリ、懐かしいでしょ。オーストラリアでは、これから秋ですねぇ、まだまだいろいろな花が楽しめるのでは?
日常が忙しそうですね。それだけ充実していることと察しております。^^
Commented by mintogreen at 2007-02-01 21:26
えるだまさん、こんばんは。
オオイヌノフグリ、ほんとに可愛いですね。
我が家では、もうすぐベロニカが咲きそうです。
花は全く、同じですね。^^
Commented by elderman at 2007-02-01 21:27
mintogreenさん、こんばんは。^^
オオイヌノフグリ、日光を受けて輝いていますよ。
名前はひどいけど、可愛い花だと思います。^^
園芸種のベロニカは、一回り大きな花ですね。


<< 幼い頃(4)ラジオ      幼い頃(3)階段 >>