えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 01日

幼い頃(3)階段

小さい頃、ずっと平屋に住んでいたせいか、階段のある家に憧れていました。親戚の家に行くと階段があったので、それだけで楽しくて、用もないのに上ったり降りたりして遊んでいました。傾斜のある土地に作られた大きな家だったので、二階から一階の部屋を見ることができました。

二階建ての家というのは、長い間憧れの対象だったと思います。小さな家でもいいから、階段のある二階建てに住みたいなんて思っていたくらいです。友人の家に遊びに行って、そこが二階建てだったりすると嬉しくなったものです。

ちょっと薄暗い階段を上ると、なんだかわくわくしたものです。明るくて広い階段なんて、狭い日本ではちょっとないかも知れませんね。間取りからどうしても階段は日当たりの悪いところに作られるのでしょう。そういう階段を上ると、なにか別世界がある感じがして楽しかったのだろうと思います。

私が二階建ての家に住むようになったのは、今の家ができてからです。残念ながら、そのときはもう大学生になっていたので、二階建てを喜ぶ年齢ではなくなっていました。

ところで、幼い頃、その親戚の大きな家の階段は、かなりの急傾斜だったことを覚えています。ある日、その家の子供たちと遊んでいて、階段から飛び降りる遊びを始めたのです。1段、2段、そして3段、さらに4段というように飛び降りる階段の高さがエスカレートして行きました。

5段くらいの高さかなぁ、調子に乗ったえるだまちゃんは、一緒に遊んでいる子供たちにいいところを見せようとしたのかも知れません、勇気を出して「えーい」と飛び降りると、突然「ガン」という衝撃、そして意識不明になってしまいました。

気を失ってしまったので、何がどうなったのかは分かりませんが、どうやら、飛び降りるときに階段の天井に頭をぶつけたようです。ま、ともあれ、こうやって生きていますから、なんとか無事だったようです。親戚の大人たちが心配したことは言うまでもないでしょう。お医者さんのところに行った覚えはありませんから、大丈夫だったみたいです。

そんな経験がありますから、小学校に通うようになっても、友達がたまにやっていた階段から飛び降りるという遊びには参加することはありませんでした。(笑)
e0031500_1173671.jpg

[PR]

by elderman | 2007-02-01 01:10 | えるだまの観察


<< 道端の春(2)オオイヌノフグリ      道端の春(1)ホトケノザ >>