えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 30日

イソギク(キク科)

キク属(Chrysanthemum)
・イソギク(磯菊)(Chrysanthemum pacificum)、英名:Ajania
(解説)関東地方南部から東海地方、伊豆諸島に分布。海岸の砂浜などに生える。10月から11月ごろ黄色い花を咲かせるが、頭花は管状花だけ。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_971120.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-30 08:32 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by mintogreen at 2007-01-30 21:46
えるだまさん、こんばんは。
イソギク、今、あちこちで咲いています。^^
家の周りのイソギクは、葉がシルバーです。
このお写真のイソギクは、緑色が濃いですね。
この葉っぱで、水中眼鏡を磨くと曇り止めになるんですよ。
Commented by elderman at 2007-01-30 22:48
mintogreenさん、こんばんは。^^
そうでしょうね、八丈島にはいっぱいありそうです。
こちらの寒い気候では、銀色にまではなれないかもね。
水中眼鏡の曇り止めの話は知りませんでした。いつか役に立つかもね。^^


<< 浦島太郎の雑記(34)エブテカ...      幼い頃(1)鶏 >>