えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 28日

壊れないスリッパ

タイ航空を利用したときにもらったスリッパなのですが、6時間程度の飛行時間中に使用するようにと配られたものです。私は、もったいないので持ち帰りましたが、家のスリッパが傷んだので、その使い捨てとも思われたスリッパを使い始めました。

そのスリッパ、短期間の使用を前提として用意されたものだと思っていましたが、もう数ヶ月も使っています。底が少し磨り減っただけで、どこも傷んでいません。直ぐに捨てることになるだろうと思っていたものが、大きな間違いでした。

これだけ長持ちしてくれるといろいろと考えてしまいます。お土産として持って帰ってもらい、タイ航空を思い出してもらいたいなんて意思があったのかとか、メイド・イン・タイランドの品質が優れているというPRなのか、日本ではできるだけ安いものという時代ですが、品質を重視した製品選びをしたのか・・・などなどです。

日本にもまだ匠の技は残っているでしょうが、全体的にはできるだけ安く作って売るという風潮がありそうです。なのに、外国製のブランド品については惜しげもなくお金を使うという傾向もあります。

国際競争力がないからとコストを抑えるのか、品質で勝負すべきなのか、難しい選択でしょうが、資源のない国日本ですから、高品質、高付加価値のものを製造・販売するというのが本流なんじゃないかなぁ。

自動車、電化製品、化粧品などの品質では、日本は世界一だと思っていますが、それ以外の分野はどうなっているのでしょう。格差社会ということで、高品質のものと安物とが共存するようになっているのかも知れません。
e0031500_10224385.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-28 10:22 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by paraissez at 2007-01-28 12:05 x
可愛らしいスリッパですね。使い捨てにするのはもったいない。
私はタイとかベトナムの雑貨が好きなのですが、
本当に、細かい手作業でできていて、
値段も手ごろで可愛いものが多いですよね。
Commented by elderman at 2007-01-28 12:08
paraissezさん、こんにちは。^^
そうですね、使い捨てではもったいないと思いました。
生地のせいか、高級感とまではいかなくても、ちょっと洒落た感じもします。
地元スーパーなどで買うスリッパが2,3か月でダメになってしまうのにこれは丈夫です。いいものを買わないからいけないのかなぁ。東南アジアの旅行の際に、こういうものを買って来るといいのかな。
Commented by madamkase at 2007-01-28 23:30 x
いやいや、同感ですねえ。
トルコ航空の国際線でくれるスリッパは、タオル地でしっかりしていますので、一度だけで捨てるなんてもったいないと
取って置き、撮影旅行などでホテルに長期滞在するときなどに使っています。昔は撮影クルー、4つ星クラスのホテルに
泊まるのが普通だったんですが、この頃、予算の関係でスリッパのないホテルということもよくあるんですよ。
いずれにしても、もったいながり屋の私なので、何でも一度は再利用しないうちは捨てられません。
Commented by elderman at 2007-01-28 23:57
madamkase さん、こんばんは。^^
トルコ航空ってスリッパくれるんですか、あ、イランからのお客は対象外だな・・・ きっと。(苦笑)
1、2時間の飛行時間のせいかな。(笑)
Commented by mintogreen at 2007-01-29 01:40
形も色も素敵ですね。
程好く通気性もあり優れものですね。
布地の模様部分はタイシルクですか?
Commented by elderman at 2007-01-29 01:42
mintogreenさん、いいものなのかなぁ・・・
無料でいただけるものですけど・・・ ビジネスクラスだったけど。
まさか、タイシルクじゃぁないと思うけど・・・ いや、そうかも。
財布なんかで売っている模様に似ているし、少し光っているし・・・


<< 映画「赤いテント」のテーマ      開花時期 >>