えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 27日

アカカタバミ(カタバミ科)

アカカタバミ、私の植物図鑑の中にまだ入っていませんでした。日当たりのいいところではもう咲いているのですねぇ。

カタバミ科
カタバミ属(Oxalis)
・アカカタバミ(赤酢漿草)(Oxalis corniculata f. rubrifolia)、英名:Yellow sorrel、Creeping woodsorrel
(解説)世界の温帯から熱帯地域に広く分布。乾燥した砂礫などに生え、高さは10センチほどになる。撮影:日本
e0031500_10475912.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-27 10:56 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by madamkase at 2007-01-28 05:56 x
植木鉢にいつのまにかはびこっているこの花も、実はほんとうに可愛い花ですよね。
今年から、抜いて捨てるのはやめにしようかな・・・
Commented by elderman at 2007-01-28 09:28
madamkaseさん、どうしましょうかねぇ。
アカカタバミ、典型的な雑草のように映りますから、上手く処理、演出をしないといけないでしょうね。
下草のようにして仕上げれば、綺麗に見えるかなぁ・・・
Commented by mintogreen at 2007-01-29 01:45
ほんとに、こんなに可愛い花なのに雑草・・・増えすぎなければ大事にされるのに・・・。
可哀想な花ですね。
Commented by elderman at 2007-01-29 01:47
mintogreenさん、そうですね。^^
遠目だとあまり綺麗には見えませんが、接近すると綺麗ですよね。
ま、それでオキザリスとして園芸種が作出されたのではないでしょうか。
黄色で大きなオキザリスはないかな。


<< 開花時期      浦島太郎の雑記(33)和服 >>