えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 27日

浦島太郎の雑記(33)和服

「せっかく日本に生まれたのだから、和服を着ないなんて、もったいない」という台詞を聞いて素直に頷いてしまう私です。家にいることが多くなったので、和服で過ごしたいという願望があるのですが、機能的にちょっと問題があるので、なかなか普段着にできません。

でも、長い間日本人に着られて来た和服ですから、機能的に問題があるのではなくて、着方がまずいんじゃないかっていつも疑問に思っています。

まず、一番の問題は、足にまとわり付くということなんですが、素足だと滑りはいいのですが、今の季節ではちょっと寒い、だからタイツみたいのをはくのですが、これがすべりが悪いときています。要するに歩きにくくてしょうがない。ラクダの股引がいいのかなぁなんて考えています。温かいだろうし、滑りもいいんじゃないかな。

飲み会に誘われましたが、居酒屋なので和服で参加したいところですが、今の季節、羽織だけでは防寒に不足です。夜、そのことを家内に話すと、コートがないと寒いって言われて、やむなく断念しました。

朝になると、母が絹の合わせを持って来てくれました。これなら温かいというのです。しかし、残念ながら父親のものだったので丈が合いません。私は、ウールの着物を愛用していますが、若く見えるのはいいのですが、年齢を考えると、手代くらいの感じでちょっとねぇ。絹の着物となると格調は高いのですが、私の貫禄のなさが露呈してしまいます。(苦笑)

そして、着こなしが全然できていませんから、猫に小判というところでしょうか。時代劇などを見て役者の着こなしを勉強していますが、なかなか難しそうです。日本舞踊の番組では、少し前傾姿勢がいいとやっていたので、早速真似をしているところです。和服にはそっくり返るのは似合いません。日本人の謙虚さという美徳が和服に隠れていたようです。

コートのいらない春には、和服で外出できるようになりたいと思っています。股引はいらなくなるかな。草履か雪駄を買わないといけません。やーさんに見えたら困るから、雪駄よりも草履かな。歩く練習もしないといけませんね。日本刀でも差してみようかな・・・ 銃刀法違反で捕まってしまいますね。(笑)

今、髪を伸ばしていますが、由井正雪のようにならないかなって思っていますけど・・・ 無理かな。(笑)
e0031500_10453887.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-27 10:45 | えるだまの観察


<< アカカタバミ(カタバミ科)      ほら出て来た。^^ >>