2005年 08月 13日

浦島太郎の独り言

日本では衆議院が解散されたそうな・・・ それも参議院で郵政民営化法案が否決されたからだという。どうして参議院で否決されて衆議院が解散総選挙になるのか、この点が不明なのだが、どうでもいいらしい。解散って内閣不信任案が提出されて、内閣総辞職か解散かというように記憶しているのだが・・・ 

参議院で否決されたら解散になるかも知れないということなら、参議院の存在が今まで以上に重くなるのでそれはそれでいいと思うのだが。衆議院に採決を持ち込んで強硬突破よりは民主主義的なのかもしれないとも思える。

挙句の果て、自民党内で法案に反対して議員を造反議員として駆逐する戦法を選んだようだ。そもそも郵政民営化については、その必然性についてほとんど説明のないまま法案が作られて来たような気がするのは、私が浦島太郎のせいだろうか。

党内の不統一はそもそも総裁の責任じゃないのかと思うのだが、反対派を追い出すという戦術に至ってはどうも独裁政治の臭いさえ感じてしまう。日本では相変わらずノンポリが多いのだろうから、組織票を持つ政党が勝利しそうに思われる。それが現政権の思惑なのだろうか。

9.11に投票日が決まったそうだが、郵政民営化の議論ではなくて国際的なテロ対策に焦点が移りそうな日にちにみえる。論点のすり替えがなければいいと思うのだが・・・ まさか、ブッシュ大統領が二期目の選挙で論点にし、勝利したテロとの戦争というシナリオの影響でないとは思うが・・・

造反議員のほとんどがアンチ小泉のような感じもするが、反対のための反対でなければいいと思う。中には本当に良心から反対しなければならないという信念の議員もいることだろうと思う。この点が現政権の強みなのだろうか。

日本から離れて12年、実際の日本での雰囲気が分からない歯痒さがあるが、なんとも不思議な政治の流れだと感じないではいられない。
[PR]

by elderman | 2005-08-13 22:07 | 日々の雑感


<< ルーマニアの花(5)タチアオイ      ブカレストのレストラン(ルーマニア) >>