えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 25日

映画「ひまわり」のテーマ

えるだま編曲の映画「ひまわり」のテーマです。クラシック・ギター用の編曲なので、ギターをお持ちの方にお楽しみいただければ幸いです。^^

実は、大学生時代に編曲して楽譜にしたものがあったのですが、どういう訳かそれを紛失してしまいまして、さんざん探してもみつからないので、急遽楽譜に落としてみました。もうしばらくすると全部忘れちゃいそうなんで・・・(汗)

リチャード・クレーダーマンのような演奏がいいかな。私、リチャード・エルダーマンね。(笑)

(参考)
ひまわり(1970年イタリア映画)
製作:カルロ・ポンティ、アーサー・コーン
監督:ビットリア・デ・シーカ
脚本:チェザーレ・ザバッティーニ、アントニオ・グエラ、ゲオルギス・ムディバニ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サヴェーリエワ
e0031500_7475058.jpg

e0031500_6565810.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-25 06:54 | 日々の雑感 | Comments(10)
Commented by madamkase at 2007-01-25 14:58 x
リチャード・エルダーマン様、

私、恥ずかしながら楽器のガの字も弾けません。
60歳になったら友人のピアノの先生からピアノを習うはずでしたが、
4年過ぎてもいまだにパン代を稼ぐに追われて果たせません。
にもかかわらず、わが家にはいろいろ楽器があります。ギターはじめ、いつか倣うぞ、とトルコの琵琶みたいな
ウードゥさえ、トルコ第一の螺鈿の職人に拵えてもらった結構な品があります。この螺鈿の名人は
東京ジャーミイと言う、代々木にあるモスクの祭壇や扉の螺鈿細工を担当した方ですから、いい品であることは確か。
オカリナ、縦笛、その他いくつもの楽器がたんすの肥やしになっています。
やる気さえ失わなければ、いつか弾けるようになるのでしょうか。
習わなきゃ弾けないよ。はい、ごもっともです。
Commented by elderman at 2007-01-25 15:18
madamkaseさん、こんにちは。^^
なにか楽器ができると楽しいものですけど、楽しめるまでになるのはとっても大変です。(汗)
私は、やさしい映画音楽くらいなら適当に楽しめるのですが、ちゃんとした曲になると冷や汗ばかり・・・ しかも、最近はギターに触らないので、どんどん忘れるし、指は自分のものじゃないみたいだし・・・ 夢中になれるときでないと楽器というのはなかなか習得できないものです。すぐに嫌になてしまいますからねぇ・・・
プロでも毎日数時間の練習をするというのが音楽家の世界ですから、なかなか大変なものです。
楽器というのは特有の美しさがあるので、所有している喜びは大きいことと思います。見て聴いて楽しむというのもいいのでは?^^
Commented by よしこ at 2007-01-25 17:58 x
えるさん、お久しぶりでございます。
日本に帰って居られることは知っていましたし、いつもブログを拝見して
お元気にいろいろがんばっていらっしゃることを喜んでおりました。
「ひまわり」の譜面、私にとってこれほどうれしいことはありません。
えるさんにこの曲をギターで聞かせていただいて感動したしばらく後に
夫が急死いたしました。 映画でのこの曲に込められた夫への慕情も
あいまってこれを私の想夫恋としてぜひとも私がギターを弾いて亡き
夫にささげたいと思ってそれからギターを習い始めました。
いつかはえるさんに楽譜をいただきたいとお願いしようと思っていた
ところでした。
ビギナーにはちょっとハードルが高いかもしれませんががんばって
練習してみるつもりです。
また、時々コメントを残させていただくつもりです。
今日はまずお礼を、と思いお邪魔いたしました。
どうもありがとうございました。
Commented by Mook at 2007-01-25 19:23 x
いよ!楽譜まで登場しちゃいました
さっそく弾いてみよっっと^^
Commented by elderman at 2007-01-25 19:34
よしこさん、こんばんは。^^
楽譜に落とす気力が出ました。やってみると、楽譜について忘れていることに気がついて・・・ 大汗です。とりあえず、弾ける譜なので許してくださいね。
この編曲、そうですねぇ、中級クラスでしょうか。ちょっと難しいところがあるかと思います。本当は、最後のフレーズ、半音上げて、繰り返すというものが本当のオリジナルの楽譜でした。
亡き旦那さまとのいい思い出を大切にしてくださいね。それでは、練習してみてくださいね。^^
Commented by elderman at 2007-01-25 19:35
Mookさん、こんばんは。^^
これは、軽い、軽い、でしょ。編曲の妙を味わっていただければ幸いです。^^
Commented by sararaM at 2008-10-29 12:07
はじめまして。
映画「ひまわり」 楽譜 の検索からこちらへたどり着きました。
ご自身で楽譜が書ける方はいいなあ、と、あこがれます。
とりあえず、ご挨拶まで。
Commented by elderman at 2008-10-29 13:39
sararaMさん、こんにちは。^^
ようこそいらっしゃいました。耳で聴いたものを楽譜に落としたものなので、原曲と少し違っているかも知れません。(汗)
Commented by てつや at 2009-06-25 14:38 x
はじめまして。
突然おじゃまして変なことをもうしますが、これほど有名な曲にも関わらず
クロード・チアリの「夜霧のシルエット」とそっくりなのは問題にならないのでしょうか?。
藤田まこと主演のドラマ「京都殺人案内」主題曲としてTVで流れ始めたのは1980年から‥らしいです。
最近ではこの旋律を聴いて連想する顔がソフィア・ローレンではなく、藤田まことだ、という人も結構いると思います。
Commented by yamaneko at 2013-02-11 12:07 x
はじめまして 「ひまわり」の楽譜検索からおじゃましました!
クラッシクギターを練習しています。ひまわりの曲は
素晴らしいですね~~ 早速練習してみます!
どうもありがとうございます!! yamanekoでブログやってます!


<< 庭の雑草      逆光の水仙はいかがでしょうか。^^ >>