えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 18日

ツルコウジ(ヤブコウジ科)

センリョウ、マンリョウがあり、ヤブコウジを十両に、カラタチバナを百両にみたて、このツルコウジは一両にみたてられるそうです。実の数が少ないから、一両でもしょうがないのかな。

ヤブコウジ属(Ardisia)
・ツルコウジ(蔓柑子)(Ardisia pusilla DC.)
(解説)千葉県以西の日本、アジア東南部に分布。センリョウ、マンリョウとともにこの木を一両に見立て、正月用の飾りに使う。撮影:千葉市花の美術館
e0031500_8182771.jpg

(参考)マンリョウ(ヤブコウジ科)
e0031500_819962.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-18 08:19 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by madamkase at 2007-01-18 15:06 x
えるだまさん、こんにちわ。
私は小さな赤い実のなる植物が大好きなんですよ。
ななかまどなども秋田や山形で見たことがありますが、このヤブコウジのような、
ちょっと目立たないところでひっそりと花をつけ、やがて鮮やかな実のつく潅木が大好き。
去年の春、近くの花屋で掌に載るようなヤブコウジを見つけ、買ってきましたが、いまはちょっとさびしい状態になってます。
Commented by elderman at 2007-01-18 15:15
madamkaseさん、こんにちは。^^
うんうん、可愛いですものね。ツルコウジって一両ですから、控え目でいいですね。^^
家のマンリョウの赤い実は、ポタポタと落ちてしまいました。目立たないから鳥も食べないようで・・・ 芽は出ないだろうなぁ・・・
ヤブコウジは十両ですが、ちょっとさびしいと一両になってしまいますね。(苦笑)


<< イランの思い出(34)スキーヤーたち      嫌な予感 >>