えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 17日

嫌な予感

私は、米国のイラク攻撃(戦争とは呼べないと思っている)は大きな間違いだったと当初から考えていますが、ようやく米国民がそのことに気がついて来たようです。しかし、ブッシュ大統領を再選させたのは他でもない米国民であり、私は大いに失望したものです。

今、ブッシュ大統領は国民の支持を大分失い、歴史的にダメだった大統領としての評価を受けていくようにみえます。レームダックとまで言われ、残り任期をひたすらこなす大統領であるかのようにも映ります。プライドの高い米国大統領ですから、このまま任期終了までずるずるといくのでしょうか。

ブッシュ大統領親子は、そもそも戦争により国民の支持を得て来た人たちです。現在、イラク情勢は混沌としていて、民主党ですら解決策を表明できずにいます。そんな中、ブッシュ大統領は2万人という軍隊の大増派を発表しました。イラクからの撤退という名目での増派です。もちろん米国民の反対運動が盛り上がっているようです。

こういう状態で、ブッシュ大統領って無策のまま任期を終えるのでしょうかねぇ・・・ ちょっと嫌な予感がしてきました。起死回生の方法を模索しないものでしょうかね。やはりブッシュ大統領は正しかったと米国民に思わせるような起死回生の妙案、これをブッシュ大統領は切望しているのではないでしょうか。

どうしたら、その起死回生が起きるか・・・ 米国か米国民が攻撃されれば、事態は一変しそうです。敵国が北朝鮮だとしたら、赤子の手をひねるようなものですから、それほどのインパクトはないでしょう。背後にいる中国の動きも考えないといけないでしょうし・・・ そうなると、大きなターゲットはイランということになりそうです。

イランという国、アフマディネジャッド大統領は過激な発言を繰り返していますが、実際に米国を攻撃したり、核兵器開発をするということは表明したことはないはずです。ただし、これまで米国により経済封鎖・技術封鎖をされ続けて来たので、敵国という言い方はしていますけども・・・

いくら戦争を起こしたくても、もはやイランが核兵器開発をしているという理由では、イラクの大量破壊兵器保有という大嘘の例があり、米国民はもはや納得しないでしょう。

では、イラクで米国の軍隊とイランのテロ部隊の衝突ということが起きたらどうでしょうか。 いや、米国にとり大きな被害が出るくらいの大きな事件かな。そんなことが起きると米国の国内事情は一変してしまいまそうです。

こんなことにならないでほしいと思うのですが・・・
e0031500_737989.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-17 07:34 | えるだまの観察 | Comments(5)
Commented by mintogreen at 2007-01-17 22:23
嫌な予感。
嫌な予感だらけですね。
困ったですね。
また、犠牲者は、国民ですよね。
Commented by elderman at 2007-01-17 22:31
mintogreenさん、ま、こうはならないでしょ。
こんなミエミエ、いくらなんでも許されないですよねぇ。
Commented by persian-style at 2007-01-19 00:15
どうかどうか、こんなことにならないでと心から祈るばかりです。
イラン出身の夫としては、やはり当然常に気になる事で、(もちろん私も気になりますが、比になりませんよね・・)あまり口には出しませんが、イランxアメリカに関する嫌な感じのニュースを聞くたび、暗い表情をしている彼を見ているのはつらいです。
Commented by elderman at 2007-01-19 00:41
persian-styleさん、こんばんは。^^
そうですね、こんなミエミエなことは起きないと思いたいですね。
イランって本当にいい国なんですけど、石油さえなければって思ってしまいます。
世界の国々はそんなにアホじゃないって期待していましょう。
Commented at 2007-01-20 18:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ツルコウジ(ヤブコウジ科)      アカリファ・ジャワホワイト(ト... >>