えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 14日

ついに29度!

断熱効果の高い部屋というのはすごいものです。暖冬とは言え、真冬なのに室温が29度に達しました。面白いので、昨日から寒暖計を持ち込んで室温を測っていたのです。冬の日差しは部屋の中まで差し込むのでここまで室温が上昇するのでしょう。普段はちょっと暑く感じると窓を開けてしまいますが、今回は最高室温の測定ということで窓は開放しませんでした。

チリは、じゃれたりしてちょっと動くと、舌を出してハァハァやっています。犬にはちょっと暑すぎるのでしょうね。ただ乾燥しているので蒸し暑くはありません。ちょうどイランの初夏の頃を思わせます。これで外に青い海が見えたら最高だなぁ・・・zzzzzzz

測定結果を時間ごとに表すと、10時:21度、12時:24度、13時:28度、14時:29度、15時:28度:、16時:26度、17時:25度、18時:23度、人がいるからでしょう、その後ずっと23度のままでした。深夜の1時にようやく21度になったので、エアコンの暖房を入れました。

もっとも、冬場では弱点があります。晴天ならいいのですが、曇天や雨天では部屋が冷え込んでしまい、エアコン程度ではなかなか暖まりません。幸い、冬の太平洋側の天気は晴天が多いので助かります。

夏はどうかというと、日中は冷房しているし、太陽は高いから日差しは入り込まないし、夜の涼しさが長持ちするので、他の部屋に比べてヒンヤリしていて気持ちがいいです。

私の書斎は、リスニングルームとして設計したものなのですが、そのせいで断熱効果と気密性が高くなっています。冬の暖かさはその副産物なのですが、エネルギー使用という観点からみると、初期投資(普通の部屋の倍かな)はかなりのものでしたが、長い年数ではかなりのエネルギーが節約できるようです。

日中でも映画などを80インチスクリーンで見ることはできますが、せっかくの太陽エネルギーをたっぷりと吸収したいので、晴天の日中にカーテンを閉めて映画をみることはありません。夜、ゆっくり見ればいいんですからね。「冬のソナタ」は待ちきれなくて、PCの画面で見ていました。(笑)

今では全部の部屋を断熱効果が高いように最初から作ればよかったと思っています。二階のダイニングの北側を二重窓にしたのですが、これもかなり効果があります。一枚を開けておくとどんどん冷えていきます。木造建築は保温性に優れているのですから、断熱効果と気密性を考えればかなり居心地のいい家になると思います。

ところで、日中の暖かさをなんとかして夜に使う方法ってないのでしょうかね。もったいないなぁ・・・ 屋根など空いている空間があるのですから、日中の暖気を貯めておいて夜に使うなんてできないものでしょうかねぇ。最初からそのように設計されている家というものはあるでしょうが、既にある建築物でそれを実現できる方法を考えてみたいものです。
e0031500_1544092.jpg

イメージ写真は、ベネズエラのプエルト・ラ・クルスです。^^
[PR]

by elderman | 2007-01-14 01:51 | 日々の雑感 | Comments(10)
Commented by madamkase at 2007-01-14 03:43 x
室温とはいいながら、真冬に29度というのは驚かされる数字ですね。
しかしうちのような集合住宅の暖房というのは、上下の階が空室あるいは留守で閉ざされていると、かなりの出力でガスを焚いてもさっぱり温まらないものですね。
幸いというか、数日前に何ヵ月も留守だった下の家の人達が帰ってきたので、なんとなく暖かです。下の家族は家の中で半そででいられるくらいがんがん暖房するので余計です。
この冬はイスタンブールも暖かく、家中を暖房していても天然ガス代金はそこそこですみます。
私もかつては窓から青い海、アジア・ヨーロッパを結ぶ連絡船の見える家にいたのですが、いまはご近所の洗濯物などがひらひらと・・・
Commented by elderman at 2007-01-14 03:58
madamkaseさん、こんばんは。^^
本当は30度に達しているんじゃないかって思っていたんです。ちょっと薄曇だったせいか、30度には達しませんでした。
集合住宅の場合、周囲の暖房のせいで暖かいものですね。留守だとそれが当てにできませんね。(苦笑)
寒いところでは、がんがん暖房するようなので冬は暖かいのでしょうが、関東地方のようなところでは中途半端なので、完全暖房とはいかず、家の中が寒くてしょうがありません。
セントラルヒーティングだと快適なんですけど・・・・ 日本では光熱費が高くて・・・ (汗)
madamkaseさんは、今では洗濯物ひらひらですか。かつてを思い出して、イメージを強く持って景色を味わうことにしましょうか。
Commented by at 2007-01-14 08:42 x
建物の断熱効果という事に興味を持ちました。
今後は太陽熱を利用した発電、蓄電という事も考え生活エネルギーの供給について考えていかないといけないのではと思っています。
とりあえず、北側の窓・・・・考えてみま~~す。現在は木製の窓枠を・・・透明の荷造りテープで気密性を保っています。
Commented by elderman at 2007-01-14 09:42
華さん、おはようございます。^^
太陽から降り注がれるエネルギーを上手く利用しない手はありませんね。
ソーラー発電は興味深いもので、数年で設備投資の回収ができるそうです。ただ、発電の効率はせいぜい40%ですから、売電できるとは言え、もっと安くなってほしいものです。
気密性だけでは断熱効果は薄いと思いますが、隙間風は論外なのでその対策は重要ですね。空気自体がとてもよい断熱材なのでできれば二重窓にしたいところです。しかも、厚ければ厚いほどいいのですけどね。
Commented by aki at 2007-01-14 12:55 x
うらやましすぎる・・・ッス。
私はこの冬、石油ファンヒータを使いたくなくて
(灯油を運ぶのがイヤなのだ)
オイルヒーターを購入、ホットカーペットと同時に使ったらブレーカーが落ち、仕方ないのでエアコンをつけたら、ナント27度設定にしないと部屋が暖まらないことが判明。このままでは電気代の額が怖い・・ぅぅ。
でも灯油を運びたくないからこのまま耐える・・・。
Commented by elderman at 2007-01-14 13:30
akiさん、それはそれは。
石油ファンヒーター、最近のは臭いもなくて快適ですけどね。
灯油も簡単に入れられるようになったし、便利だと思いますが。
オイルヒーターにエアコンですか、そりゃぁ電気代が大変だぁ。(汗)
しかし、27度設定ってなんでしょうねぇ・・・ 冬は22度くらいで快適でしょうに・・・
Commented by aki at 2007-01-14 13:53 x
ちがうの、ちがうの、灯油を買ってきて、マンションの3階まで運びたくないのよぉ・・・うちはエレベーターのない4階建てのマンションでして。
配達の灯油は割高なので自分でガソリンスタンドで入れて運んでいたんだけど、一度腰を痛めたから、もうイヤなのよぉ・・・。涙。
エアコンって部屋の暖まりが悪いでしょう?真下に温風が勢いよく流れるようにしないと部屋全体が暖まらなくて、それには温度を上げて強風にしないとどうもダメみたいです。
光熱費がかからない画期的な暖房ってなんだろう?火鉢?
Commented by elderman at 2007-01-14 14:00
akiさん、そうでしたか。
確かに、石油の配達だと18リットルの入れ物を格納するところまで運んでくれますが、割高ですね。
光熱費を考えると、まだ石油の方が電気より割安ですけど、空気の汚れとか問題がありますね。
エアコンは補助的に利用するものなので、それだけで暖房を賄おうとすると電気代に響くでしょう。
日中の太陽エネルギーを上手く利用できれば、一番経済的なんですけどねぇ。上手い方法がないかなぁ。
Commented by mintogreen at 2007-01-14 22:26
地球温暖化の恐いニュースを聞くたびに、エアコンをどうにかしないと・・・といつも考えてしまいます。
(エアコンだけの問題ではありませんが。)
どうせなら、あの夏の暑さを貯めて冬に利用するなんてのも最高なんだけど。
どうやって、キープしておくんだって、話になりますよね。^^
ぶっ飛び過ぎ!
日中のエネルギーの利用法を思案中だというのにね。
いい方法ないのかな~。
Commented by elderman at 2007-01-14 22:37
mintogreenさん、重要なことですよね。^^
夏のエネルギーを冬に利用するというのもいいのですが、
まずは、昼のエネルギーを夜にね。一歩ずつ参りましょう。^^
日本だって江戸時代にカキ氷を食べていたんですからねぇ・・・
考えればなんとかできるというものでしょう。


<< 家のサクラソウ      キチジョウソウ(ユリ科) >>