2007年 01月 11日

何歳のときがよかったのか・・・

「あさやさんのショートショート」でテーマになっていたものですが、どうなんでしょうねぇ。
人によって違うだろうとは思いますが、みなさんはいかがですか?

0~10歳 自我が確立していないから、あまり生きたという気がしません。
       無邪気な時代ですね。「三丁目の夕日」のような時代、日本はまだ貧しかったものです。

11~20歳 学校生活は面白かったのですが、受験勉強なんてことがあり、
        仲間や夢はあったけど、あまり戻りたくない時代です。(苦笑)
        そんな中、初恋という甘酸っぱい思い出はありますけどね。

21~30歳 大学生、就職、結婚、子供の誕生、育児などと一番変化のあった時期です。
        一番エネルギッシュな時代だったようです。(海外旅行はしたことがありませんでした。)

31~40歳 仕事が面白かった時期です。また趣味でゲームプログラミングをやってました。
        それで儲けたお金で海外旅行へと興味が向いたのでした。

41~50歳 それまでやっていた仕事に終止符を打ち、国際協力専門家として転職しました。
        この時期はもっぱら海外での仕事になりましたから、それなりに新鮮なものがありました。
        ラテンの国、イスラムの国、アジアの諸国、ヨーロッパとカルチャーショックを楽しんでいました。

51~55歳 イランで過ごした時期です。沙漠の国、イランでの生活は少し私の人生観を変えたかも知れません。
        植物への関心を持ったのはこの時期です。

56歳~ これからですが、今はのんびりとブログなどを利用して思い出を整理しています。
      植物図鑑はライフワークですから、まだまだ続くことでしょう。
      思い出の整理はほとんど終わったので、何か新しいことを始めるかも知れません。

100歳 没(笑)

こうやって振り返ってみると、40代が一番面白そうです。
同じことを繰り返すのなら40代かな。でも、集中力や体力は大分落ちてきているけど、
知識や経験のある現在の状態というのも捨てたものじゃないですよ。^^
e0031500_8493359.gif

[PR]

by elderman | 2007-01-11 08:45 | 日々の雑感


<< カリフラワー(アブラナ科)      オモト(ユリ科) >>