えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 09日

ブラジル(9)マットグロッソ

マットグロッソって何にもないところです。強いて言えばブラジルの重心点があるというところでしょうか。本当に重心点の表示があったのは驚きですが、それだけでは面白いはずがないですね。重心点?だからなんなのよ・・・って感じですものね。

日本は島国なので、地図の形をなぞってその紙を切って、重心点をみつけるということは簡単にできませんね。日本の重心点ってどこかなぁ・・・ 長野県辺りになるのでしょうか。大きな山の傾斜地だったりしたら、新しい観光地のいい口実になるかもね。

ブラジルは実に広大です。バスから見える景色はあまり代わり映えがしませんが、アップダウンを繰り返しながら地平線の彼方まで延々と真っ直ぐに続く道路というのもすごいものです。

一見平らな大地ですが、そこには地殻変動の影響でしょうか、大きな段差があったりします。そこに雨水が流れ込めば立派な滝になりますね。マットグロッソの見所はいくつもある滝でしょうか。

私の個人的な後悔ですが、このブラジルの広大な大地を経験してしまったので、いまだに行ったことのない北海道ですが、どうやらそこで得られる一つの感動のチャンスを逃してしまったようです。いくら北海道が大きいと言っても、ブラジルのスケールには匹敵することはできないでしょうからね。ブラジルの前に行っておくんでした・・・とほほ

写真は、マットグロッソで見た滝です。
e0031500_14203677.jpg

e0031500_14204342.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-09 06:50 | Comments(0)


<< ブラジル(10)パンタナールと...      ブラジル(8)パラグアイ >>