えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 08日

パキスタン編(9)ラホール

パキスタンのラホールと言えば、日本の京都、イランのエスファハンのような美しい街です。たまにインド軍が攻め込んで来たりするのでちょっと怖いですが、パキスタンに行った場合は逃せない観光地です。

(ジャンギール廟)
e0031500_025554.jpg

(ラホール城)
e0031500_032723.jpg

(シャリマール庭園)
e0031500_041364.jpg

(バドシャヒーモスク)
e0031500_1735098.jpg

e0031500_1735731.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-08 11:30 | Comments(2)
Commented by madamkase at 2007-01-08 18:34 x
葱坊主型のモスクのドームがきれいですね。
トルコのモスクのドームが完全な半球型なのは、キリスト教の大本山アヤソフィアを模したからですが、本来のイスラーム教のドームはこの葱坊主型ばかりですね。あのエルサレムの金色のモスクも、緊迫したリポーターの背景にしか登場しないせいか、ちょっと不気味ですが、本当は素晴らしくきれいなところなのでしょう。
Commented by elderman at 2007-01-08 18:51
madamkaseさん、そうですね。^^
モスクのドームというと玉葱形を想起します。トルコのその形はユニークに映ります。
パキスタンのバドシャヒーモスク、もっとドームのアップの写真があったらイランのモスクと比較できたのですが、残念です。こちらも綺麗そうなんですけどねぇ。


<< パキスタン編(10)独立記念日      パキスタン編(8)カラチ >>