えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 08日

パキスタン編(4)カシミール

先日の地震でもニュースになったカシミールですが、インドとパキスタンがその境界を争っていつも一触即発の状態です。地震の際の相互の国際協力のお陰で、現在は少し緊張感がほぐれているようです。

私がパキスタンに行って帰国した直後、インドの軍隊がラホールに攻め込み、占領したなんてニュースを聞いたものです。私が好奇心から、カシミールに行った時期は幸いに何も事件は起きていませんでした。イスラマバードからそれほど遠くないので、車で簡単に行くことができます。

3,4時間車を走らせると、ピックアップに乗って手を振っている人が見えました。運転手によるとカシミールの大統領だといいます。見た感じはまるで村長さんでした。多分、パキスタン側のカシミール地区の代表者なのでしょう。

それにしても、山地ばかりのカシミール地方です。とりたてて価値のある産業があるとは思えないのですが、どうしてインドとパキスタンが争っているのでしょうね。インド側にもイスラム教徒はいるし、言語だってインド人でもパキスタン人のようにウルドゥ語を話す人たちが多いと聞きます。観光地として考えているのでしょうか。

観光地と言えば、パキスタンにはカラコルム山脈があり、そこは東洋のスイスという感じです。私は行きたかったのですが、天候により飛行機がよく欠航するとのことで諦めました。時間に十分余裕があるときでないと行けないようです。国際的な観光資源が眠っているのは残念なことです。

(カシミールの首都、ムザフラバード)
e0031500_11552820.jpg

e0031500_11553617.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-08 11:00 | Comments(0)


<< パキスタン編(5)車の装飾      パキスタン編(3)マリー高原 >>