2007年 01月 02日

イラン人からの嬉しいメール

イランには、クリスマスも正月(イラン暦の元旦は春分の日)もないのですが、知り合いのイラン人からメールが届きました。

差出人は、テヘラン州の知り合いではなく、トルコに隣接しているタブリーズ州の環境局職員です。今、丁度日本で研修を受けているとのことです。私の知る限りでは、この研修は約3か月を要するもので、技術的なトレーニングなどのプログラムが組まれているものです。

タブリーズ州に対しては、メールの差出人の要請により、私の技術移転活動として積極的に行なったものでした。大統領選挙以来、イラン政府の様子は一変してしまいましたが、地方はまだ健在なようです。

こういうメールをいただくと、自分のささやかな努力が役に立っていると思われ嬉しくなります。世界のどこからでも要請があれば、できるだけのことをしてあげたいと思います。残念ながら、日本の情勢が変化してしまったので、今後そういう機会があるかどうかは分かりませんが、いつでも対応できるようにはしていたいと思っています。

研修では、東京に来ることもあるので、彼とは東京で会うことができるでしょう。楽しみです。^^


Dear shirai san

Please accept my best wishes for a wonderful Christmas and very Happy New Year for you and also your family.I would like to know where are you?

You did many help for us in the past, so I really appreciate your useful assistance and your consideration. This year I am sending message from Japan, now I am here in Japan as a JICA participant in kitakyushu city. I hope see you again.

Yoroshiku onegai-shimasu

Ali Alipour
e0031500_15142278.jpg

[PR]

by elderman | 2007-01-02 15:10 | 日々の雑感


<< ダイアナ・クロール      2007年謹賀新年 >>