えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 26日

成果主義の落とし穴

成果主義という言葉は今という時代を一番代表している言葉だと思います。もちろん成果が出ないような努力や無駄な作業というのでは困りますが、成果主義には落とし穴があると危惧しています。

短期的にみた場合、何をやっても、誰がやっても、成果には波があるものだと思います。それを1年や3年という期間で評価しようとすると、どうしても近視眼的な成果を追うというマイナスを生むことになるでしょう。誰しも、短期的な成果に追われたら、長期的な努力にまで余力がなくなるんじゃないでしょうか。

会社や組織が、人材を育てるという時代は過去のものになってしまったのでしょうか。人材を育てることというのは、将来その人材が会社や組織に対して大きな利益をもたらすということを期待したものでしょう。成果主義というのは、その反対の方向性を持っていると思います。即戦力は優先されるのがその表れでしょう。

即戦力優先というのは、将来活躍する能力を持つ若い人材を育てないということになるものでしょう。若い人材が育たず、中堅が成果主義で追われ、たまたま成果が表れないとリストラの心配をしなければならなくなる・・・ これでは精神的に余裕のないすさんだ世の中になるってものじゃないでしょうか。

成果主義の落とし穴として、組織の構成員がみんな短期的な目標に向かって進んでしまうことが一番問題だと言えるのではないでしょうか。場合によっては、長期的にマイナスになるようなものだってあると思います。

資源のない国である日本、こういう国で成果をあげなければいけないとなると、他国に比べて一層の努力をしなければならないということは言えるのかも知れません。経済大国といわれる日本、TOYOTAの一人勝ちのような状況ですが、果たして小さな島国の日本が経済大国であることを続けることに意味があるのでしょうか。分相応の経済的地位では不満なのでしょうか。

精神的な余裕、休暇を楽しめる生活、家族と過ごせる時間、こういうものを犠牲にして長時間労働に耐え、成果に追われ、一回しかない一生をあくせく過ごすなんて、どうなんでしょうねぇ。無理を続けると、病気になってしまいますよ。今の日本が病気の前兆でないといいのですが。
e0031500_8133578.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-26 08:11 | えるだまの観察 | Comments(12)
Commented by untikusai at 2006-12-26 13:04 x
日本は前兆どころか、重病ですよ。今年は本当に暗い話や事件が多かったですね~。
ところで、退職して一番良かった事、それはあまり後悔しなくなった事ですよ。お金に余裕が無くても、なんだか気持ちは豊でしたね~。
えるだまさんも早くリタイヤして、第二の人生を始めては如何?
一緒に旅したいですね。(*^_^*)
Commented by elderman at 2006-12-26 13:33
untikusaiさん、こんにちは。^^
お久し振りですね。今の日本の状態は、過渡期なのでしょう、これからどうやって立て直していくか、賢い日本人のことですからいい未来が来るようになるんじゃないかな。
私は、第二の人生をほぼ終えて、これからは第三の人生に入ります。海外での仕事が第二の人生だったのです。
物欲を卒業して、旅行もほどほどかな、隠遁生活を楽しんでおります。^^
Commented by mintogreen at 2006-12-26 19:48
今、人材をじっくり育てるという事を重要視してないところに問題があると思います。
目先の事だけを追い求める風潮、育てる事に喜びを感じないなんて、上に立つ人々は、何を喜びとして生きているのでしょうね。
社会全体が、もっと精神的に余裕をもてる世の中になって欲しいものです。
えるだまさん、隠居にはまだ早いですよ~。^^
まだ若いしさ~。^^
Commented by elderman at 2006-12-26 19:53
mintogreenさん、そうですね。
困ったものです。近視眼的な努力、余裕のなさ、憂えることでしょうね。
みんな「かくありたい」と思うことの反対に進んでいて抵抗ないのかなぁ。
「しょうがない」って諦めちゃったのかなぁ・・・・
え?私ですかぁ・・・・ いいじゃないですか、働かない人間がいたって。(苦笑) いや、どこかで求められれば、喜んでお役に立ちたいとは思っていますよ。^^
Commented by Mook at 2006-12-26 20:17 x
勤務先では12月に来年11月までの課題を決めて、4ヶ月おきにその
進捗と問題点、その後の取り組みを発表させられます
そして、その成果で7割の評価がされます(涙)
まっ、上手く泳いでいるつもりですけど~
Commented by elderman at 2006-12-26 20:24
Mookさん、こんばんは。^^
厳しい世の中、どうかお体を大切に頑張ってくださいね。
過労死じゃ、あまりにも可哀想ですものねぇ・・・ (汗)
自己批判って、毛沢東の時代と同じ???
Commented by nmariomama at 2006-12-26 23:32
外から見ていると、やはり日本は余裕がないというか、、、
それでなくてはやっていけない、、、のはわかっても、もうちょっと気持ちの上でゆったりしたらいいのに、と良く思います。
えるだまさんはいいですね、ご自分のペースをしっかり持っていらっしゃる。
ゆっくりしながら充電もしっかりしていらっしゃるのでしょう^^
↓チリちゃん、ほんとに猫みたいな座り方して、可愛い。
犬もやっぱりあったかいほうがいいに決まってますよねえ、チリちゃん^^♪
Commented by elderman at 2006-12-27 08:00
nmariomamaさん、おはようございます。^^
12年振りに帰国して、日本の様子をみていると、余裕がないなんてもんじゃないですよ。すごい国に変貌していました。浦島太郎の私としては驚くことばかりです。
私のいた国々では時間がゆったりと過ぎていきましたからねぇ・・・ 私は日本に順応できないのかも知れませんけどね。(汗)
チリもマイペースかな、チリと一緒に過ごして、いろいろ考えてみましょうか。^^
Commented by ショコポチ at 2006-12-28 16:44 x
遅コメントですみません。でも、ものすごく同感だったもので(笑)
この近視眼的な成果主義のせいで、みんな疲れてる、下請けは搾られる(笑)で、困ってます…
人材が育たないのも大きな問題ですよね。
「賢い日本人のことだからいつか気がつく」というえるだまさんの言葉を心強く思いました。
来年もえるだまさんのブログを楽しみにしております。
賢いチリちゃんともども、よいお年を~♪
Commented by elderman at 2006-12-28 16:58
ショコポチさん、こんにちは。^^
みんながそう思っても、どうにもならない、というのでは困ったものです。
今は、行くところまで行くしかないんじゃないと思っていますが、
賢い日本人ですから、きっと気がついて、反省し、今後の指針を見出すことと思います。
私は、まだ戦後だと考えています。本来の日本、私たち日本人が考え、行動して、築いていくしかないでしょう。子孫の時代になっちゃうのかな・・・
もう来年の話ですか、気が早いですね。(笑)
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
Commented by BUBU-photo at 2006-12-29 10:33
うちの会社でも、Balanced Score Cardシンドロームらしき兆候が見受けられます。各部署が自分たちのBSCに集中するあまり、横との連携が悪くなったり…。すべて数値目標で管理されるので、意欲的な目標を設定しなかったり…。
どこかで揺り戻しがあると思うのですが、どうでしょうか?
Commented by elderman at 2006-12-29 10:59
BUBUさん、おはようございます。^^
日本に限らず、米国的経営手法では成果主義が求められるのかも知れませんね。人材を育てるという日本的な経営手法が時代遅れになったという見方もできるとは思いますが、将来を考えた場合、どうなんでしょうねぇ。
当然、行き過ぎれば揺り戻しがあることでしょう。みんなが不幸を望むはずはありませんからねぇ。


<< カレンジュラ(キク科)      チリだるま >>