えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 18日

ブルーモスク(イスタンブール)

イスタンブールにあるブル-モスク、正式名称はスルタンアフメット・モスクといいますが、内部の壁が青いということでブルーモスクという愛称で呼ばれているそうです。私には、少しも青く見えなかったのですが、どこのことを言っているのでしょうねぇ。

モスクとしては珍しく6本のミナレット(尖塔)を持っています。建造されたのは、17世紀のオスマン朝の時代のようです。
e0031500_9523375.jpg

e0031500_9524046.jpg

(ブルーモスクの内部)
e0031500_9525254.jpg

e0031500_953051.jpg

(ブルーモスクの遠景)
e0031500_953976.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-18 09:53 | Comments(10)
Commented by Mook at 2006-12-18 21:42 x
飛んでイスタンブール♪って歌思い出しました
Commented by elderman at 2006-12-18 21:48
Mookさん、こんばんは。^^
そうですね、懐かしいなぁ。~♪
Commented by cerezos ☆桜 at 2006-12-18 22:20 x
うわぁぁぁぁ~
私、ここ行って見たいと思っていたんで、とってもうれしいです。
内部がとっても綺麗に見えて、うれしいです(^^)V
Commented by elderman at 2006-12-18 22:25
cerezos ☆桜さん、それはよかった。^^
しばらく、シリーズでイスタンブールの観光地の写真をアップしようと思っています。
お楽しみいただければ幸いです。^^
Commented by あじゅるえずめ at 2006-12-18 22:31 x
青い空とモスクのドームとミナレット。
すごくきれいな写真ですね♪
「中が青く見えなかった」に一票!
Commented by elderman at 2006-12-18 22:34
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
トルコに行きたくて、ついどこでもドアを使ってしまいました。(笑)
日帰りだったので、ほんのちょっとだけの観光でしたが、お楽しみいただければ幸いです。^^
Commented by nmariomama at 2006-12-19 01:32 x
本当ですね、それだったらどうしてブルーモスクというのでしょうね。
ブルーの概念が違うのでしょうか、、、なわけないですね^^;
でも、内部の抑えた感じの色彩がなんともいえず綺麗ですねえ。
この色彩はこちらでも見慣れたものですが、心が落ち着く気がします。
トルコも行ってみたいなあ、、、^^
Commented by elderman at 2006-12-19 07:03
nmariomamaさん、おはようございます。^^
どうしてなんでしょうねぇ。イランでもあちこちにブルーモスクと呼ばれるものがありますけど、エスファハンのモスクだってもっと青が多く使われていますけどね。青い色のタイルが珍しかったという時代背景があるのかも知れません。
ブルーにこだわらなければ、大きくて美しいモスクだと思います。
Commented by kaze at 2006-12-19 08:08 x
6本のミナレット(尖塔)の中はどうなっているのでしょう。
宗教的には何か意味があるのでしょうか。
螺旋階段で登ってみることが出来るのでしょうか。
Commented by elderman at 2006-12-19 08:27
kazeさん、おはようございます。^^
ミナレットは本来登れるようになっているものですが、こちらでは宗教上の理由で禁止されているようです。
大きなものだと螺旋階段というのがあるかも知れませんが、私は急傾斜の階段しかみたことがありません。ここはどうなっているのでしょうねぇ。
ミナレットは、お祈りの時間であることを知らせるため、そこからコーランの一節を流したそうです。今では録音をスピーカーで流していることが普通ですけどね。こちらは博物館になっているので、今はやっていないんじゃないかな。


<< アヤソフィア聖堂周辺(イスタン...      色づいたマンリョウの実 >>