えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 17日

不明だった花の名前(5)

「名前が未だに不明な花たち」でアップした一番上の写真ですが、ニシキギ科のマユミみたいな種子を持つ植物です。ニシキギ科にしては葉が細くて小さいので、いったい何という名前の植物かと調査していましたが、ムクロジ科でみつけました。

ストックシア、あるいは”Stocksia”で検索しても、日本語の文献はほとんどありませんでした。多分、ヨーロッパ、西アジアに分布する種類なのでしょう。私が撮影したのは、ノルウェーの植物園の中でした。名札がなかったので、ずっと名称不明だったものです。

およそ5万種を収録している植物図鑑、”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”で、イランの野草を調べているときに、偶然に見つけたものでした。^^


ムクロジ科
ストックシア属(Stocksia)
・ストックシア・ブラフイカ(Stocksia brahuica)
(解説)花期は2月~4月。詳細不明。撮影:ノルウェー
e0031500_7393334.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-17 07:39 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by mintogreen at 2006-12-17 22:34
えるだまさん、こんばんは。
不思議な花。
花が開く時、ポンッと音がしそうですね。
もし、花を見る前に、あの葉に、枝の感じから、このような花が咲くなんて想像できませんね。
Commented by elderman at 2006-12-17 22:39
mintogreenさん、こんばんは。^^
これ・・・ 花じゃなくて種子でしょ。(苦笑)
花はどんな感じかなぁ・・・・ ムクロジ科の花は地味だと思いますね。


<< 製本に挑戦!(5)      冬のソナタ(8) >>