えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 12日

不明だった花の名前(2)

イランの最高峰ダマヴァンド山の周辺にポピーを見に行ったときにみつけた花なんですが、ずっと名前が分かりませんでした。高山植物だから、名前調べは難しいだろう思い、放っておいたとも言えます。

ところが、私がイランで買った植物図鑑”Flora of Iran by Ahmad Ghahreman”が無事に日本に届いているのでした。イランにある植物なら調べられないはずはないと思い、改めて名称調べをする気になったのです。植物の勉強をかれこれ4年くらいやって来ましたから、少しは科名など見当をつけられるようになっていますしね。

今回のものは、ユリ科のエルムルス属スペクタビリスというもののようです。英名の「砂漠のキャンドル」という名前はロマンティックですね。^^

ユリ科
エルムルス属(Eremurus)
・エルムルス・スペクタビリス(Eremurus spectabilis)、英名:Desert-candle
(解説)イラン、アフガニスタン、ヒマラヤ辺りが原産。花期は5月~7月。ダマヴァンド周辺でみつけたものです。撮影:イラン
e0031500_14442040.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-12 14:44 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by mintogreen at 2006-12-12 22:34
「砂漠のキャンドル」、ロマンティックですね~。
花がたくさんついている分、めしべが凄い量ですね。
砂漠ならではの植物なのですか?
Commented by elderman at 2006-12-12 22:49
mintogreenさん、そうですね。^^
ヨーロッパでは、人気だそうです。オランダでは見かけませんでしたが、存在感があるのでしょうね。
砂漠というか、荒野に生えているんでしょうね。イランではポピーと共存していました。


<< 地元スーパーにて      チリの過去 >>