えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 11日

不明だった花の名前(1)

ルーマニアに行ったときに、温室の中で撮影した花ですが、その後ずっと名前が分かりませんでした。見た目で、キツネノマゴ科ルイラソウ属のルエリアじゃないかとは見当はついていたのですが、名前まで見つけ出すことはできませんでした。

実はこの花、温室の中で咲いていたと言っても、展示用の鉢の周囲で雑草のように地面から出て繁殖していました。多分、種がこぼれて繁殖したのでしょう。そういうことで現地では名前が分からなかったのです。

今日、改めて調べてみようとしたら、なんといつも参考にさせていただいている ”shu(^^)ボタニックガーデン(Shu Suehiroさん)”のキツネノマゴ科の中にあるではありませんか。以前にも調べているはずなのにおかしいなぁと思って、その記事の写真の撮影年月日を見て合点しました。2006年8月29日となっていますから、最近追加されたものだったのです。


キツネノマゴ科
ルイラソウ属(Ruellia)
・ルエリア・キリオサ(Ruellia caroliniensis ssp. ciliosa)、英名:Carolina wild petunia
(解説)アメリカの東南部に分布。8月から9月ごろ茎頂に紫色の花を咲かせる。撮影:ルーマニア
e0031500_8275917.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-11 08:28 | 花と樹木(温帯) | Comments(0)


<< 製本に挑戦!(4)      座敷犬? >>