えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 01日

事件です・・・チリの変調

2日前のことですが、私が二階から降りて外を見ると、チリ(犬)の様子がおかしいのです。母が外で心配そうにチリを見ていました。そのチリは立とうとしてもすぐによろけて倒れてしまうのです。まるで両手両足が麻痺してしまったように見えました。私は一瞬チリが毒のようなものを食べてしまったのではないかと思いました。

88歳になる母はうろたえて「チリが死んじゃう」なんて嘆いていました。私がじっとチリを観察しているとどうやら繋いであった鎖がついたままです。そして、その鎖の終端はちぎれていました。鎖の終端には金具がついていたのでそれが裏庭の何かに引っ掛かってしまったのでしょう。チリは必死で脱出しようとして鎖が切れるまでもがいたのだと思います。

母が発見したときには、普段繋いであるところまで戻って来て、そこで立ち上がろうとしては転ぶということを繰り返していたようです。こうして観察している間も、チリは何度も立ち上がろうとしては無惨にもよろけて転んでしまうのでした。私は、その様子が人間の足が痺れた状態によく似ていると思いました。

いつも私を発見すると嬉しそうなチリですが、犬なので苦笑いはしませんが、目つきにはどこか情けないという表情が現れていました。毒を食べたなら、苦痛の表情になるでしょうが、そういう感じではないのです。何回も立ち上がろうとしていたチリですが、諦めたのか少しおとなしくなりました。

そこで、私が縁側からチリを呼ぶと、よたよたとしながらも歩くことができました。普段だと縁側から家の中に入ろうとはしないのですが、心細かったのでしょう、そのまま私のいるところまでスタスタと来ました。「チリ、大丈夫だよ」と言うと安心したのか、普段は抱かれるのが大嫌いなのに、珍しく私に抱かれていました。私に抱かれるとシャワーとか手足を洗われることが多いので、毛嫌いしているのです。

ともあれ、そうしているうちに手足の痺れがとれたようで、直ぐに庭を走り回るようになりました。いったいどこに引っ掛かっていたのでしょう、裏庭を探しても鎖の終端の金具はみつかりませんでした。鎖をつけたまま外出してしまったのでしょうか。裏庭の先の急傾斜の斜面に宙吊りにでもなったのでしょうか。手足が完全に痺れる、あるいは筋肉疲労で動けなくなるというほどの経験をしたことは間違いないでしょう。

その後、チリは何事もなかったように元気にしています。^^
e0031500_13333122.jpg

[PR]

by elderman | 2006-12-01 13:30 | 日々の雑感 | Comments(12)
Commented by tad-blog at 2006-12-01 18:27
チリちゃん何事も無くて本当に良かった・・・
こういった話って聞いてるだけででもいたたまれなくなってくるボクって
オヤジだなー思います。
Commented by aki at 2006-12-01 20:26 x
でもホントによかった。
動物ってかなり悪くなるまで様子が変わらないので、
こちらは突然どうしたんだろうって焦ってしまいますよね。

うちのインコが去年、突然立てなくなって横倒しになっていたときも、
私はいよいよお迎えが来ちゃったのかと思って、真っ青でしたが、
(なにしろ、13歳なので)
よく見たら、足に血豆ができていて、
痛くて立っていられなかったのでした。
軟膏を塗ったら、一日で治ってしまいました。^^
Commented by elderman at 2006-12-01 20:52
tad-blogさん、こんばんは。^^
すいません、ご心配をおかけして・・・ 結局なんでもなかったのでよかったのですが、人騒がせですね。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-12-01 20:55
akiさん、こんばんは。^^
前からどこか悪いならこちらも驚きはしないのですが、立ち上がって歩こうとしてポテッとこけてしまう姿を見ると「ありゃりゃ」と感じてしまいます。
インコちゃんっていったい寿命ははどのくらいなのでしょうか。鳥の寿命って知らないけど、案外短いのでしょ。心臓の鼓動が速いしねぇ。それにしても、横倒しという姿にはびっくりされたことでしょう。異常な姿には驚かされますものね。一日で治ったというのは良かった、良かった。^^
Commented by Mook at 2006-12-01 21:27 x
(´▽`) ホッ
かなり驚きましたよ~!
Commented by nmariomama at 2006-12-01 22:57
あー、びっくりしました、、、
元気になって本当に良かった。。。。^^
様子が尋常ではない時ほど動物の言葉がわかればと、痛切に思います。
それにしても、えるだまさんの冷静な対応に感心しました^^/
そういえば、、、チリちゃん、何歳ですか?
Commented by elderman at 2006-12-01 23:10
Mookさん、こんばんは。^^
すいません、お騒がせしました。(苦笑)
Commented by elderman at 2006-12-01 23:13
nmariomamaさん、こんばんは。^^
ご心配、ありがとうございます。そうですね、何があったのか言ってくれればいいんですけどねぇ。
私は、なんだろ・・・ どうしたのか冷静に見つめたいという気持ちが強かったですね。慌ててもしょうがないしね。
チリは、6歳か7歳です。捨て犬を拾ったので正確な年齢は分からないのです。人間で言えば、中年に差し掛かるところかな。
Commented by aki at 2006-12-02 11:10 x
えーと、小鳥の寿命ですけど、
鳥って空を飛ぶためにものすごく心臓が丈夫にできているそうです。
で、小鳥でも、犬や猫と同じくらいの寿命があるのです。
もちろん大型の鳥になれば数十年、
人間と変わらないくらいの寿命がありますよ♪
うちのインコは中型インコで、だいたい15年くらいの寿命かな。
Commented by elderman at 2006-12-02 11:14
akiさん、ありがとうございます。^^
インコってやや大きいから15年も生きられるのですね。ってことは、日本の大きなカラスも長生きみたいですねぇ。
小鳥でも10年くらい生きられるのですか、もっと短いのかと思っていました。
Commented by matyabin at 2006-12-02 16:27 x
よかった~~。
かわいいつぶらな瞳で甘えられるといたたまれないです。
怪我をしていなくて、毒を食べなくてよかったですね。最近、寒くなってきていますから外は厳しいです。
室内犬の、み~こを飼ってはじめてわかったことがあります。今までの外につないであった犬たちも、み~こと同じようにかわいかったって。
雷が鳴って、怯えています。
Commented by elderman at 2006-12-02 17:06
matyabinさん、ご心配をおかけしてすいません。
お陰さまで何事もなかったかのようにチリは元気にしています。
これから寒くなるので家の中で飼おうと努力したことはありますが、チリには自由の方が大事なようで、雨や雷のとき以外は屋外で生活をしています。家に入りたいときは言ってくるのでいいんですけどね。^^
み~こですか、可愛い名前ですね。母は、チリをチ~ちゃんって呼んでいますよ。^^


<< カラー印刷、高い!      オシロイバナ科(Nyctagi... >>