えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 23日

庭のバラの花

普段は気にもとめていなかった庭のバラの花でしたが、今日はハッとする美しさを感じました。ポツリ、ポツリと咲くのでちょっと萎れると見栄えがしなくなりますが、咲き始めは綺麗なものです。棘だらけの木が大きくなったのでちょっとやっかいものでしたが、見直しました。^^
e0031500_14134525.jpg

それから、狂い咲きの紫陽花です。梅雨時にはもっと綺麗なんですけどね。
e0031500_14141649.jpg

[PR]

by elderman | 2006-11-23 14:14 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by aki at 2006-11-23 14:29 x
きれいです・・・
アジサイも花弁が多くて綺麗な種類ですね^^
このままドライフラワーにしたい感じ♪
いえ、今ドライフラワーのクリスマスリースがほしいなって思ってて♪
Commented by elderman at 2006-11-23 14:56
akiさん、こんにちは。^^
ハッとする美しさを発見したときというのは嬉しいものですね。
この紫陽花は、墨田の花火という種類のはずですが、ちょっと様子が違っていますね。狂い咲きで調子が出ないのかも。この紫陽花、長持ちするからドライでなくても楽しめるかも知れません。
クリスマスリースですか、なるほど、それならドライじゃないとダメですね。
Commented by nmariomama at 2006-11-24 23:36
真紅とはまた違う、綺麗な赤の薔薇ですね。
こちらも11月になって雨が降った後、又薔薇が咲き始めています。
薔薇って、自分で植えてみて初めて気づきましたが、丈夫な花なんですね。
何度も熱波でだめになったかと思っても、必ず又新芽が出てきて感動ものです^^
狂い咲きの紫陽花、咲いた花自身もびっくりしてるのかも、ですね^^ゞ
でも、こんな色も大人しくていいなあ、なんて思いました。
Commented by elderman at 2006-11-24 23:54
nmariomamaさん、こんばんは。^^
真紅ではないですね、写真では少し分かりにくいですが、赤っぽい橙色というか、そんな色です。花びらの数が多いともっと綺麗なのでしょうが、開ききってしまうとパッとしないような・・・
バラって丈夫なのでしょう、イランのような国で盛んに栽培されていますからね。原種も少し見ることができました。
秋雨の頃の狂い咲きの紫陽花かな、もう冬に入りますけどね。白に薄い青が混じっているので爽やかに映ります。梅雨頃にはもっと勢いがありましたが、狂い咲きらしくちょっぴり寂しく見えます。


<< 320円の煙草を304円で買う方法      タデ科(Polygonaceae) >>