2006年 11月 09日

日本酒の古酒

飲兵衛の私ですが、日本酒というものは古酒には向かないと思っていました。蒸留酒なら寝かせて味わいが深くなるというのはあるでしょうが、醸造酒というのは長期保存に向かないんじゃないかと思っていました。しかし、古いワインというのには銘酒がありますから、私は間違った概念を持っていたのかも知れません。

ブランデーやウイスキーの場合は、樽の中で熟成させますが、醸造酒の場合は瓶の中になってしまいます。ワインも古いものが樽の中にあったものなら分かるのですが、今日のNHKの番組の中では日本酒でも冷暗所に保存すれば20年でも保存でき、独特の美味しさが現れると言っていました。

子供が生まれたときにそうやって日本酒を保存して、その子供が成人したらその古酒を開けて、一緒に飲む・・・ なんてなんだかロマンティックですね。もっとも、私の場合は子供が大学に入ったら早速開けてしまいそうですけど。(笑)

ビールは長持ちしないはずなんですが、どんどん醗酵が進んでしまいそうです。酵母がフィルターで完全に除去されているなら長持ちするのかなぁ・・・ これはいまだに疑問ですけどね。日本酒では中のアルコール分が酢に変化してしまうなんて親父から聞いていたような気がするのですが・・・ どうなんでしょうねぇ。

ところで、私は日本人ですから、寒くなってくるとやはり日本酒がいいですね。冷酒もよし、燗酒もよし・・・ 日本料理には日本酒が合いますねぇ。^^
e0031500_18535573.gif

[PR]

by elderman | 2006-11-09 18:52 | 日々の雑感


<< バショウ科(Musaceae)      パイナップル科(Caricac... >>