えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 23日

日本の野草(21)セイタカアワダチソウ

キク科アキノキリンソウ属のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)です。北アメリカが原産ですが、戦後急速に全国に広がったといいます。日本へは明治時代に鑑賞用に導入されたといいますから、見方によっては美しいものなのでしょう。私の家の周辺では至る所で見ることができます。
e0031500_0492766.jpg

[PR]

by elderman | 2006-10-23 00:49 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by aswtwbev at 2006-10-23 00:58
すっかり秋の風景として見慣れていますが、戦後のものなんですね
「ぶたくさ」などとよばれ花粉がアレルギーを引き起こすとか、あまり
いいようには言われない草ですが黄色の花は美しいと思います
Commented by elderman at 2006-10-23 08:04
aswtwbevさん、おはようございます。^^
コメント、ありがとうございます。昔セイタカアワダチソウが広がり始めた頃、その勢いのすごさに脅威を感じたものですが、他の植物となんとか共存しているようです。ススキとセイダカアワダチソウだけという場所もありますけどね。花粉アレルギーも起こすのですか、それは困りものですね。
Commented by mintogreen at 2006-10-23 09:05
えるだまさん、おはようございます。
えるだまさんの写真の腕がより美しく見せていると思います。
バックの緑色とのコントラスト、黄色が輝いています。  綺麗。

仕事に行く途中の道で、セイタカアワダチソウ発見!
運転中、思わず感激! してる場合じゃありませんね。
これ、とっても嫌われてますものね。
園芸家や、農家の方々にも迷惑草で・・・。
でも、花には罪はないのにね。^^
Commented by elderman at 2006-10-23 09:12
mintogreenさん、おはようございます。^^
ありがとうございます。嫌われ者の花ですが、ちょっと綺麗に撮影してみたくなりました。
八丈島では珍しいのですか、それなら綺麗に見えるでしょうね。セイタカアワダチソウ、遠くから見ると花のついた枝ぶりが魚の骨のように見えるのがちょっとね。(苦笑)
Commented by aki at 2006-10-24 00:50 x
んー、しかし、この花は本当に日本の野草の生態系を壊してると思うわ・・・。せめて美しければまだ許せるのに。
Commented by elderman at 2006-10-24 08:43
akiさん、おはようございます。^^
そうね、これだけ繁殖していれば駆逐されてしまった植物がいろいろありそうです。そのせいか遠目ではちょっと憎らしい様子に映ってしまいます。接近して見れば綺麗な黄色の花なんですけどねぇ。


<< チリの写真      石林(中国) >>