えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 16日

日本の野草(18)オオオナモミ

キク科オナモミ属のオオオナモミ(大雄生揉)です。「ひっつき虫」の代表ですね。北アメリカが原産で日本へは昭和の初期に渡来したそうです。写真の上の方に、目立たない花がゴミのように写っています。
e0031500_6211085.jpg

[PR]

by elderman | 2006-10-16 06:21 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by mintogreen at 2006-10-16 20:04
わ~い、もじょもじょ星人だ~。^^
でも、なんか可愛いな。^^
Commented by elderman at 2006-10-16 20:10
mintogreenさん、そうでしょ。^^
私も可愛いなぁって思いました。それぞれが精一杯生きている姿を見せているからでしょうかねぇ。
Commented by mintogreen at 2006-10-16 20:39
えるだまさんって、目立たないものをちゃ~んと見逃さないで見ててくれるから・・・。
いいな~。^^
Commented by aki at 2006-10-16 21:42 x
懐かしいです。^^
子供のころセーターにいっぱいくっつけて遊んで、そのままセーターを洗濯機につっこんで母に叱られました。
Commented by elderman at 2006-10-17 06:44
mintogreenさん、ありがとうございます。^^
実は、花の存在については撮影後発見したのです。(汗)
実があるなら花もあっただろうに・・・ 散歩のときには見えなかったなぁ・・・ あれ?よく見たら花が写っている!ってね。(笑)
Commented by elderman at 2006-10-17 06:47
akiさん、おはようございます。^^
自然の中で過ごされたんですねぇ。私たちの子供の頃には馴染みの「ひっつき虫」ですが、今はどうなんでしょうねぇ。
わざとくっつけるということまではやらなかったなぁ・・・ なかなかとれないのでイライラしちゃうしねぇ。(苦笑)


<< 改めてコスモス、コスモス      秋ですねぇ >>