えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 15日

近所の花50(日本)

チリの散歩をしながら植物の写真を撮っていますが、少し寂しくなって来たようです。もっと注意深く観察しないと新しい種類を見つけることが難しいかも知れません。

(ウシハコベ)
e0031500_10501242.jpg

(セイタカアワダチソウ・・・いよいよこれからですねぇ)
e0031500_10503973.jpg

(シロシキブ)
e0031500_10505245.jpg

(ススキの種子)
e0031500_1051655.jpg

[PR]

by elderman | 2006-10-15 10:51 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-10-15 14:16 x
シロシキブって、なんかすごい、、
おいしそうにも見えるケド、びみょ~、、、
Commented by elderman at 2006-10-15 14:48
猫姫少佐現品限りさん、こんにちは。^^
ムラサキシキブの実は鳥に食べられてしまうのか、数が減っていますけど、シロシキブの実は残っています。鳥にもびみょ~に見えるのかな。
Commented by mintogreen at 2006-10-16 00:56
えっ?ススキの種子?って・・・。
このマクロ、かなりのマクロですか?^^
セイタカアワダチソウって実物を見た事がありません。
どの位の高さですか?
Commented by elderman at 2006-10-16 06:06
mintogreenさん、穂は種子じゃないのかな?
マクロレンズの最大接写かな、肉眼でも見えますけど茎の様子までは肉眼ではみにくいですけどね。
セイタカアワダチソウ、八丈島にはないのですか、この花がなくてもそれほど残念とは思いませんが、鮮やかな黄色は目立ちます。背丈は2メートルくらいになります。
Commented by nmariomama at 2006-10-16 18:33
紫式部の白はあるとは聞いていましたが、これですか。
初めて見ました。
うーん、、、やっぱり、紫のほうが風情があっていいですね^^
白のほうはあまり鳥に食べられない? 味が違うんでしょうか^^;
Commented by elderman at 2006-10-16 18:54
nmariomamaさん、こんにちは。^^
はい、そうですね。白い紫式部です。あまり珍しいものではないようです。
白い実は、しっかりと残っていますから鳥たちに人気がないのかも知れません。
紫は、鳥の好きな赤色に近いのでしょうかねぇ・・・


<< 秋ですねぇ      カールス・ルーヘ(ドイツ) >>