2006年 10月 12日

北朝鮮に対する制裁措置って

理不尽な行動を続ける北朝鮮ですが、その北朝鮮に対して制裁措置をとるということはどういう結果をもたらすのでしょうか。日本人から見れば狂っているとしかいいようのない論理を掲げている北朝鮮政府ですが、彼らは本気なのでしょうからこれは見解の相違としか言いようがないような気がします。

隣国の日本が制裁措置を講じると、北朝鮮の矛先は日本に向くことになるかも知れません。当面は米国の経済制裁に悲鳴を上げているようで、その解除を求めての核実験だったようです。それが、制裁措置により近くにいる日本まで敵国とみなすようになるということになりそうです。米国と日本は一蓮托生であるという見方は日本人に多くあるようなので、それでも仕方がないかとは思いますが、ちょっと辛い結果をもたらしそうです。

北朝鮮としては、米国、中国、ロシアのように核兵器を持ち、兵器を製造して輸出したいと考えているのでしょう。どうして北朝鮮がそれをしてはいけないのか、彼らには理解できないような気がします。「核兵器、持ってしまえば、既得権」ということを見抜いての行為だったように思えます。

親米であれば、核武装を認め、反米の国には認めないというような二重標準がある限り、北朝鮮は核兵器開発を放棄するというような提案に承服することはないでしょう。核開発を放棄する代わりにいろいろな援助をもらえるという提案に満足できなかったから、核実験を行なったのでしょうが、3,4年もすれば核保有国として世界に認知されるという気持ちがあるように思われます。

被爆国の日本としては本当に迷惑な隣人を持ったものです。まさか北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ち込みはしないでしょうが、日本が厳しい制裁措置を行なえば、ちょっと心配になります。世界を敵に回すような今回の北朝鮮の行為、それに対する制裁措置、窮鼠猫を噛むということにならないといいのですが、独特の論理を掲げる北朝鮮のこと、怖いですね。

制裁すれば、暴走しそうだし、甘くすればどんどんつけ込んで来る。こういう手合いにはどのようにお付き合いすればいいんでしょうねぇ。北朝鮮の現体制が崩壊するまで、人道支援なども止めて、様子を見るしかないのでしょうか。崩壊されては困るという国もあるので、これもなかなか上手く行きそうにもないところが辛いところです。生かさず、殺さずという扱いを受けている北朝鮮の国民は可哀想ですねぇ。
[PR]

by elderman | 2006-10-12 17:44 | 日々の雑感


<< ベルリン東側(ドイツ)      近所の花49(日本)ツルムラサキ >>