えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 08日

園芸植物(28)キダチチョウセンアサガオ

ナス科のキダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)です。南アメリカのブラジル南東部が原産だそうです。別名で、「オオバナチョウセンアサガオ」(大花朝鮮朝顔)、「エンジェルズトランペット」とも呼ばれます。学名は、”Datura suaveolens”なので、「ダチュラ」とか「ダツラ」とも呼ばれます。
e0031500_8202959.jpg

e0031500_8203699.jpg

[PR]

by elderman | 2006-10-08 08:20 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by mintogreen at 2006-10-08 21:47
えるだまさん、こんばんは。
台風花って、誰が名付けたのでしょう。
この花が咲き始めると、雨かな~、風かな~と思ってしまいます。
神様って、不思議なものをお作りになりますね。^^
Commented by elderman at 2006-10-08 23:38
mintogreenさん、こんばんは。^^
え!この花、台風花って呼ぶんですか。
レインリリーも台風花って呼ばれているそうですけどね。
遊び心のある神様なら面白いと思いますね。^^
Commented by madamkase at 2006-10-10 04:48 x
この花だったでしょうか、華岡青洲の実験に使われていたキチガイナスビって。杉村春子の舞台を思い出してしまいました。
Commented by elderman at 2006-10-10 07:08
madamkaseさん、
それは、朝鮮朝顔、別名で曼陀羅華という植物の方です。華岡青洲が全身麻酔による手術を行ったときに使用した「通仙散」の主成分のひとつです。


<< フランクフルト(ドイツ)      ドバイの魚屋さん >>